あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2012年04月01日

恩師井手賁夫の自宅にて(原題:精神の独立記念日(2))

そうして、
井手賁夫先生のご自宅で勉強するようになりましたが、
ほとんどが、
小説ガラス玉遊戯での重要な部分の翻訳の実践でした。


ただ、たまにポツリポツリと、井手先生が独り言のようにつぶやきます。
例えば、「仏教は寛大な宗教ですね」など。

私が、「ガラス玉遊戯の解釈について、仏教をどのように学べば良いですか?」などと
うかがうと、先生は「私は仏教は寛大な宗教だと言ったのです」という風でした。

先生の見解に対して定義を用いるのではなく、指針として全ての可能性を考慮しなさい、
というお考えだったのだと思います。


他方、小説のなかの架空の芸術であるガラス玉遊戯を、
いかに現実化できるか、私自身で探究を開始しました。

まずは、哲学全般を解説する本を読み、直観的に「カントだ」と決定し、
カントの三批判書である、純粋理性批判・実践理性批判・判断力批判を、
五年かけて勉強しました。
まるで物理学か数学基礎論のような難解な哲学でしたし、
仕事もしながらでしたので、時間がかかったのです。

旧約・新約聖書を通読したのも、このころです。


世界中でガラス玉遊戯の現実化が可能かどうか、研究されていました。
その研究の多くが、すべての文化的資産を同一の原因で説明できる、
普遍的記号の研究でした。

私は、カントの判断力批判の研究を終えた時、
全ての文化的資産を同一の原因で扱うことは不可能だけれども、
任意に選んだ複数の文化的資産を同一の目的に役立てることが可能だと確信しました。
この場合、全ての文化的資産に同一の原因があるとは言えませんが、
「全ての文化的資産を扱う一般的な思考方法」は可能になるのです。
ガラス玉遊戯の現実化を可能とするには、それで十分でした。


他方、音や色を扱う感性の芸術や、概念を扱う悟性の芸術があるなか、
私の見解では、ガラス玉遊戯は理念を扱う理性の芸術となりました。
すると、「理性の直観」が何であるかが問題になります。

カント哲学では、「理性の直観」は「実践命法」で扱われる、
道徳の範囲のものでした。

そこで出会ったのが、ヴァルター・ベンヤミンです。
ベンヤミンは、「思考の反省の反省は、理性の直観である。」と定義し、
ヘッセと同様に、全ての文化的資産を用いる芸術の研究を、していました。

ベンヤミンの見解で、思考の反省の反省は、
全ての理念を許容する「無意味なもの」で表される、
すなわち、普通のガラス玉を用いて表現できると結論し、
ヘッセの予言通り、ガラス玉遊戯は、ガラス玉で表現されることとなりました。

ユダヤ人だったベンヤミンが、ナチスに追い込まれ自殺しなければ、
「もう一つのガラス玉遊戯」がこの世界に存在していたでしょう。

戦争は、一人の天才を、一つの奇跡を、人類から奪いました。


井手先生は、私の研究について、
「何々をしなさい」等の指示を出したことはありませんでした。

先生の、書籍が山積みになって足の踏み場も無いお部屋や、
時折かかってくる学者や政治家からの電話をお受けになっている雰囲気、
そして、書籍を開いた時の、宗教家のごとき神聖な雰囲気を、
今も思い出します。

そして、私も自室で研究をし、何かの発見をした時に私自身の誠実さを感じると、
なぜか井手先生のお顔が思い出されたのです。

その誠実さは、いつも私の人生の指針でした。


2008-11-06公開。ここでは、元の記事の主要部分を。
 
 
     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.

遍在する起源(4)

芸術を行なっていると、「比喩の立ち現れるところ」の意識が、
常に自らと在るようになります。しかし、芸術家も人間ですから、
都市の多くの情報に触れるうちに、創作とはあまり関係の無い、
「心地よい状態」に、つい、依存してしまうことがあります。

音楽があってから音楽理論があるのであって、
音楽理論があってから音楽があるのではない、とは、
音楽家なら共感するところが多いのではないかと思います。


大地と水流とに導かれるところ、私が世界のなかで、
私自身を位置づけられるところ、それは、何も大きな公園に限らず、
むしろ、街中の一瞬一瞬に感応した「自らの直観に由来する」もの、
かもしれません。

しかし、地球の衛星である月の振動に、私たちの潜在意識が反応している、
との科学の方面からの指摘もあるように、私たちの存在と、
宇宙全体との関係は、切り離して考えるのは、むしろ不自然かと思います。


「自由」という言葉を私たちは用いますが、では、
「自由に意味を与えているもの」は何でしょう?

私としては、「自由に意味を与えている」のは、
万物の由来するところの、自然そのものです。
自然のなかに自らを見出す時、エゴから解放された、
「ありのままの自分」を直観することができます。
いえ、それは私の主観的な考えかもしれませんが・・・。


私たちは「明日があること」を前提に生きていますが、
「明日がどのようなものであるかを自らの内から導き出すこと」には、
比較的に無理解です。

もう一度音楽の話に戻りますが、
もし演奏者が楽譜通りに弾くことしか考えないなら、
音楽は失望を意味するでしょう。
私たちが芸術に期待しているのは、芸術に導かれて、
この世界に存在する物事と自らが一体である自覚です。

世界と自らが一体であるという意識が、
あらゆる変化においても、自らが明日も在りうることの保証で、
それはあなたのことでもあり、私のことでもあり、
人が愛されうる理由でもあるのだと、私は信じています。


2009-07-20公開
 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.

その人の在り方によって定義されるもの

22歳の時、72歳までの目標をガラス玉遊戯の実現と決めた私は、
北大名誉教授であり、ドイツ十字勲章を得ていらした、
井手賁夫先生のご自宅で勉強していました。

床一面に書籍が積み上げられていて、本の山の間に隙間があり、
歩くことができるようになっていました。

ドイツ語のガラス玉遊戯の原著から、井手先生は、
重要な項目となるところを選び、次の勉強の日まで翻訳の課題とし、
時折、経済界や政治家から電話が鳴る以外は、
ポツリポツリと「一言」で先生が注釈をおっしゃる以外は、
淡々と読解が進むだけの、シンプルな勉強の時間でした。

やがて、ご高齢であることが理由とされたのでしょうか、
勉強会の終了の葉書が来ました。私は、
私自身の探求を継続する過程で生じた質問に答えていただけないものかと、
手を尽くしてお願いしましたところ、先生にお時間のある時ならかまわない、
とご連絡がありました。


ガラス玉遊戯の現実化に関するご指導はありませんでした。
ただ、時折、音楽会にご同伴させていただけるご案内や、
ドイツからの訪問であるドイツ上院議員11人と日本人11人の懇親会や、
駐日ドイツ大使との懇親会などへの参加のご案内がありました。

その都度、井手先生は、「〜の仕事をする人を〜の機関が探していますが、
あなた、おやりになりませんか?」など、問いかけられたのですが、
私は、私が井手先生に求めているものは、井手先生から得られるもので、
その他の誰かから得も、まして金銭や名誉を代償にするものでもありません、
と、お断りいたしました。

同じくガラス玉遊戯を翻訳された、高橋健二先生との面会の機会にも、
私は高橋先生に丁寧にご挨拶いたしましたが、質問は控えました。
本当に必要なものは、質問と返答の間にあるのではない、
私にはそう思われていたのです。


私が井手先生のご提案を辞退する度に、
井手先生からの手紙の数は多くなり、
ユーモアの回数も増えていきました。

そして、先の駐日ドイツ大使との懇親会の時に、先に会場に入り、
まわりの人々のお邪魔にならないよう、はしっこの席に座っていた私の横に、
井手先生がお座りになりました。そして、
先生が半分だけ食べたハンバーグの皿を、先生は私の前に差し出しました。
意味が分からないまま、私はそのハンバーグを一口食べ、顔を上げると、
駐日ドイツ大使が満面の笑みで私を見つめていました。
周囲の方々もです。

その瞬間に、私は井手先生と同じ食事をとる人、つまり、
井手賁夫先生の精神の直系の継承者となったことを悟りました。

それまでの、井手賁夫先生の、一見私の利益となるご提案は、
私が私自身の価値をどう考えているかのチェックだったのです。
つまり、年収1000万円の仕事を私が受け入れれば、
私の存在の価値は年に1000万円と規定され、
金銭で得られる以上のもの、つまり井手先生の後継者には、
なれない、と自己宣告することを意味していました。

井手先生は、ガラス玉遊戯の現実化がどう成されるのかより、
私が私自身をどのように考え、井手先生が生涯を通じて向き合った、
その精神の継承にふさわしいかだけをチェックしていたのです。

「自分自身の価値を、何によって決めるかを、自己宣告させる。」
こんな恐ろしいテストを、私は、知らぬ間に受けていて、
「ただ真実への在り方によってのみ定義する」と、無意識に答え、
合格したのです。


10年間の計画を立てられる人は100人に2人。
そして、本当に10年間続けられる人は、そのなかの、
さらに100人に2人。つまり、1万人に4人。

自らの存在を何によって求めるかの自己決定が必要で、
自らの活動によって人々が喜ぶことしか、
自らを量る天秤は無いのだと、厳しく理解する必要がある、
そのような意味です。
それができて、権力や権威は互恵と互助のための秩序となり、
接して健康であることができるようになる、
それが私の経験したことです。


自ら選択し、努力しても、自分がどのように成長できるか、
あらかじめ理解することはできません。しかし、
「理解」という言葉は、人に人生を錯覚させます。

人間は思考力を長所として実在する生き物であるため、
「理解できることが正しい」という先入観を持っています。
言いかえれば、「理解できないなら自分は間違っている」、
そのように思い込みがちです。

「理解」は「過去の努力全体の評価」の上に成り立ちます。
未来に向かう時は、人は自分の可能性を理解できません。
もし困難な時代にメリットがあるとするなら、
理解より勇気を優先する姿勢を得やすいことでしょう。

でも、「勇気」でなくてもかまいません。
ふるえながら、泣きじゃくりながら、眠れない夜をこえ、朝、
鏡のなかの自分に向かい合えるなら、その1日は、
必ずあなたを意味ある何かに導いてくれます。

真実は、強さや、完全さや、見栄えの良さに、
あるとは限りません。疑いながらでも、
一つの歩みを進める時になら、草のなかにも、
水のなかにも、あなたの瞳のなかにも、
発見できることでしょう。

奇跡という概念に期待するものは、
その芽が自らの内に眠っていることを信じることで、
疑うことではありません。


2009-08-15公開
 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.

聴罪師

小説ガラス玉遊戯の最後に、三つの履歴という、
主人公ヨーゼフ・クネヒトが書いたという設定の短編集があります。

小説のなかの主人公が小説を書くという設定には、
ガラス玉遊戯の訓練法が関わっています。
訓練法とは、任意の時代と地域とに自分の人生を設定し、
その空想の世界での体験を文章にまとめる、というものです。

これを実際にやろうとすると、図式が数百も必要なので、
私は時間の都合上、小規模なもの以外、まだ試していません。


以下、三つの履歴のなかの、聴罪師という作品を、
私なりに要約したものです。

ある町にヨーゼフという聴罪師がいました。
聴罪師とは、罪を犯した人々の話しを聴き、神の許しへと導く人のことです。

ヨーゼフは、罪の苦しさから逃れたい人々の話しを丹念に聴くと、
ひたいをあわせ、神の祝福を伝えていました。その方法は、
人々から賞賛されることも、また、愚かだと言われることもありました。

人々を罪の苦しみから解放していたヨーゼフでしたが、
ヨーゼフ自身、人生の象徴となっている、自らの理性から来る苦しみから、
解放されたいと思っていました。

遠い地に、ディーオンという聴罪師がいることを、
ヨーゼフは聞いていました。「ディーオンをたずねてみよう」
ヨーゼフは旅に出ました。

ディーオンは、ヨーゼフと違い、罪を犯した人の苦しみの理由を厳しく正し、
体罰をもいとわない人でした。ヨーゼフはこの人の元で学び始めました。

ところがある日、異教徒が訪れ、その苦しみと、
苦しみから解放してくれる「彼らの神々」について話し始めると、
ディーオンは静かに聞き、そして丁寧に挨拶をすると、
そのまま彼らを帰しました。
ヨーゼフは「どうしてですか?」とたずねました。

ディーオンは「彼らには許しはまだ必要ない。
彼らは本当に苦しいのは何であるか、まだ経験していないのだ。」と、
ヨーゼフに告げました。

高齢のディーオンが、自らの死期を悟ると、ヨーゼフに、
後を継ぐように、と告げました。ヨーゼフは、
「私には、まだ、無理です。」と答えました。

しかし、ディーオンは「君は、昔からもう、準備が出来ている。
なぜならヨーゼフ、君が私を訪れなかったら、
私が君のところに行っていたからだ。君が許しを求めていたように、
私も許しを求めていた。その私を君が訪れた時、
君に私と同じ苦しみを見た時に、私にできることを君にしようと誓った。
しかし、私の命は間もなく終わる。私を休ませてほしい。
私に君からの許しを与えてほしい。」

ディーオンの告白を聴くと、ヨーゼフはディーオンにひたいをあわせました。

次の朝、ヨーゼフがディーオンのテントを訪れると、
ディーオンはすでに、神のもとへと旅立っていました。


2009-08-26公開
 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.

ゲーテ:ファウスト

ゲーテのファウストという小説もしくは演劇、
名前は聞いたことがあるという方、多いと思います。

私は、ファウストを読んだ感想として、
「聖書を大衆向けにしたような印象だな・・・。」と、
感じました。

私が旧約と新約の聖書を読み終えたのは27歳の時です。
そして、ファウストを読み終えたのは、ファミレスに勤めていた時ですから、
22歳だったと思います。
余談ですが、当時の私の時給は480円でした。いえ、ほんとに480円。

もとい。ですから、現在の私のファウストの読書感想は、
22歳の時の記憶をもとに、27歳の時の判断が、
過去から現在の時の流れのなかで、混ぜ合わさったもの、
と言えそうです。

そのファウスト、内容の記憶があいまいで、
Wikipediaで調べても、記憶との一致が弱いのですが、
要約してみます。


ヨーロッパのある地方に、幸福になるため、
魔法の研究をしているファウストという人がいました。

このファウストを見ていた神と悪魔が、
ファウストが本当に幸福になれるかどうかの、
賭けをすることになりました。

悪魔メフィストフェレスがファウストの魂を手に入れられれば、
悪魔の勝ちです。
そして、人間界に向かうメフィストフェレスに、神は言いました。
“Es irrt der Mensh, solang er strebt.”
(人間は努力する限り迷う)

メフィストフェレスは魔術を用い、ファウストと、
美しい女性グレートヒェンとを、恋のとりこにしました。
しかし、現実の世界を魔法でゆがめた恋は多くの困難におちいり、
ファウストはメフィストフェレスにそそのかされ、
グレートヒェンの親を殺すこととなり、
グレートヒェンが身ごもっていた胎児を殺すこととなりました。

自らの命を絶つこととなったグレートヒェンを見て、
メフィストフェレスは言います。
「彼女を裁いたのは神である」と。

その土地を離れたファウストは、メフィストフェレスの魔術で、
ある国の軍隊を指揮することになりました。
ファウストは戦争に勝利し、国王から土地をもらうことになりました。

その土地を見おろすファウストに、メフィストフェレスがたずねます。
「君が見たかったのはこれだろう?」と。
そこには、多くの人々が額に汗をしながら働き、
互いに祝福している光景が広がっていました。

ファウストはメフィストフェレスに、契約の成就の言葉を伝え、
その魂をメフィストフェレスに差し出すこととなりました。
ファウストの願った幸福とは、人々の幸福のことだと、
理解したからです。

しかし、その土地で働いていたのは、
メフィストフェレスの魔術で人形のように動いていた死体でした。

そうと知らず、地獄に落ちていこうとするファウストに、
光につつまれた天使が現われ、支え、天国に運んでいきました。
その天使こそ、ファウストがメフィストフェレスの魔術で死においやった、
グレートヒェンと、その子供でした。

「彼女たちは騙されて死んだ!そんなことありえない!」
そうくやしがりながら、メフィストフェレスは、地獄に引き戻されていきました。


“Es irrt der Mensh, solang er strebt.”
(エス イルルト デア メンシュ ゾーランク エア シュトレープト)
私がこのドイツ語を載せたのは、気取ったためではありません。

私がガラス玉遊戯の実現を明確に決意した時に、
弁護士と医者と図書館の司書の方々から、
まったく別々に、この言葉を(日本語でですが)いただいたのです。
それが、当時私が使っていたドイツ語の教本のなかに、
そのドイツ語が載っていたので、驚き、記憶に残ったのです。

ところで、なぜファウストの魂は救われたのでしょうか?
その問いには、ご自身で書を読み、お考えになるのが一番ですが、
私なりの考えもお伝えします。

「グレートヒェンも、ファウストも、
 過ちをおかしながらも、愛を大切にした。
 それは、神が人間に向ける愛と同じ種類のもので、
 神に似る人々は、地獄に落ちることはなかった。」

旧約聖書に「神は自らに似せて人を創った」とあります。
私たちの存在は奇跡です。大気のように、大地のように、
いつも触れているので、それがどれほど特別な存在かに、
気づきにくいのかもしれませんけど。


2009-09-15公開。一部修正。
 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝