あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2012年03月31日

古代ルーン文字の意味と科学による人間の幸福

古代ルーン文字には一文字ごとに意味があり、この文字を扱うことで神
秘の諸力の恩恵にあずかろうとしました。科学による人間の幸福は、作
品のなかに没頭するように、手段と目的を取り違える可能性を秘めてい
るかもしれません。

深い、知恵の洞窟。
諸力の神秘を求めて、ありのままの自分で試みる。

成功。恩恵への人々の祝祭。

忘却されていく、ありのままの人間であることの奇跡。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、赤のガラス玉からグループになる考
えを導き出します。心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:神秘の諸力
02:媒体である人間

青のガラス玉
03:人間の自立
04:助力である科学

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

青のグループの元になった何かを、赤のグループの元になった何かと取
り替えます。
この時、青のグループで用いていたもので、赤に利用できるものは残し
(ここでは03)、赤のグループの元になった何かに応じ、新しい考え
(ここでは05)を加え、新しいグループを創ります。

赤のガラス玉があったところには、グループの元になった何かの残像が
残っています。この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応
じて新しい考え(ここでは06)を創ります。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、新しい場所
を与えます。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:神秘の諸力
06:観察の始まり

赤のガラス玉
03:人間の自立
05:諸力の根源

青のガラス玉
04:助力である科学

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、思考
は世界の起源に応じるようになっています。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、何回扱
   っても、互いに比較するなどしても良いです。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :全ての現象の根源にある何かへの畏怖と自
             覚無しには、人間には本来の自立というも
             のが不可能に思えたから。
それは何と関係あるのか?:科学や文明を「手段」と位置づけ、無限の
             現象の吟味に耐え、人類の尊厳を行動にう
             つす在り方と関係がある。

3.恩恵の評価

古代ルーン文字には、一文字ごとに意味があり、この文字を扱うことで
神秘の諸力の恩恵にあずかろうとしました。しかし、表意文字であるル
ーン文字に代わって、表音文字であるアルファベットが普及するに至っ
たのです。神秘の時代が終わり、人は人にすぎない時代がはじまりまし
た。
科学が無ければ、人間は客観的に現象を把握できないかもしれませんが、
現象が無くなるわけでも、現象に対する畏敬の念も無くなるわけではあ
りません。科学は人間の幸福の助力になってきましたが、科学そのもの
を人間の幸福の根拠にすると、人間の生命の自立の妨げになるのではな
いかと思われます。
この二者には共通点があります。それは、原初の人類が持っていた世界
への畏怖や自覚を取り戻すことの意義、です。
映画などに没頭するとき、私たちは現実の畏怖や自覚から離れて、作品
の世界のなかに自分を移し入れます。それと同様に、文明という作品の
なかに私たちは自己を移し入れ、人類を超えた何かから目をそらしてい
るのではないでしょうか。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、体験した効果は大きいで
す。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0528


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-23公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.

くまのプーさんの歴史と影絵の遊び

くまのプーさんの歴史は、作家ミルンが息子のために創った物語から始
まりました。影絵の遊びは、紙などに光をあててできた影により、想像
力を楽しむことによります。

抑圧を感じる。

何から?

心の自由は、未知の強制からの解放、
想像の連鎖の働き。

癒されながら。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、
赤のガラス玉からグループになる考えを導き出します。
心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:一人歩きするキャラクター
02:想像力による世界

青のガラス玉
03:想像の形式
04:光と影の効果

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:一人歩きするキャラクター
06:想像の連鎖

赤のガラス玉
03:想像の形式
05:自己の能力の確認

青のガラス玉
04:光と影の効果

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、
思考は世界の起源に応じるようになっています。

今回は、次のような操作をしました。

青のグループの元になった何かを、
赤のグループの元になった何かと取り替えました。
この時、青のグループで用いていたもので、
赤に利用できるものは残し(ここでは03)、
赤のグループの元になった何かに応じ、
新しい考え(ここでは05)を加え、新しいグループを創りました。

赤のガラス玉があったところには、
グループの元になった何かの残像が残っていました。
この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応じて
新しい考え(ここでは06)を創りました。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、
新しい場所を与えました。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、
   何回扱っても、互いに比較するなどしても良いです。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :人間は想像力により世界を再現する能力を
             持ち、想像力により、ある人物の未来を
             描くものだと思ったから。
それは何と関係あるのか?:光と影のシルエットや、キャラクターを
             使って想像力を働かせ、自己の持つ世界の
             根拠を解放することによる癒しと
             関係がある。

3.恩恵の評価

くまのプーさんの歴史は、作家アラン・アレキサンダー・ミルンが、
息子クリストファーのために創った物語からはじまりました。
興味深いのは、クリストファーの持っていたくまのぬいぐるみは
エドワードという名前だったのですが、
プーという新たなキャラクターとして独立し、
夢の想像の連鎖が始まった、ということです。
こうして、くまのプーさんの歴史が始まったのです。

影絵の遊びは、紙などを人物などの姿に切り抜いて、
光をあてて、その影から人物などを想像し、
組み立てられた物語を楽しむことにあります。
キャラクターと違って登場人物など自体が想像力によって
成り立つところに特徴があります。
登場人物はじめ、全て想像力を頼りに進みますが、
影絵の遊びにはキャラクターから生じる想像の連鎖は生じません。

この二者に共通するのは、
想像力の連鎖により世界が進行することを確認できると、
心の遊びが成り立ち、心の遊びが生じると、
心が癒されるということです。
創作家は、遊んでいる心を予見し、
その心に同意するよう物語のポイントを置くことで、
観客に達成感を奉仕します。

心の遊びは、心における自由の実現、
と言っても良いのかもしれません。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、体験した効果は大きいで
す。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0529


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-25公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.

リサイクルのブランド品の通販とプレゼンのテーマ

リサイクルのブランド品の通販は、ステータスを安価に手に入れる方法
として認められつつあり、プレゼンのテーマの選択は、価値がヴィジュ
アルに一人歩きするようにするべきでしょう。

金色に輝く水平線を見たい。

太陽が自ずから昇っていくような価値に、
人生を見つけたい。

人々の心を、自分の心のように感じる力で。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、
赤のガラス玉からグループになる考えを導き出します。
心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:ステータスの利用
02:アクセスされる信用

青のガラス玉
03:ビジュアルな物語
04:受け入れられる主張

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:ステータスの利用
06:鑑定のシステム化

赤のガラス玉
03:ビジュアルな物語
05:ステータスの発見

青のガラス玉
04:受け入れられる主張

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、
思考は世界の起源に応じるようになっています。

今回は、次のような操作をしました。

青のグループの元になった何かを、
赤のグループの元になった何かと取り替えました。
この時、青のグループで用いていたもので、
赤に利用できるものは残し(ここでは03)、
赤のグループの元になった何かに応じ、
新しい考え(ここでは05)を加え、新しいグループを創りました。

赤のガラス玉があったところには、
グループの元になった何かの残像が残っていました。
この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応じて
新しい考え(ここでは06)を創りました。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、
新しい場所を与えました。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、
   何回扱っても、互いに比較するなどしても良いです。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :多くの人々に認められる価値は、
             ステータスへと変わり、
             ステータスはマーケットを生むから。
それは何と関係あるのか?:ステータスはビジュアルな物語から
             生まれる傾向があり、
             物自体が人々の無意識な欲求に
             働きかける完成度が求められることと
             関係がある。

3.恩恵の評価

現在、リサイクルのブランド品の通販をする会社が増えていて、
安価にステータスを手に入れることが可能になってきました。
ブランドは成立したマーケットを持っているので、
通販をする会社は、信用を裏づけることができるなら、
低コストで市場に参入できるのかもしれません。
「リサイクルブランド通販」という言葉も一般的になってきました。

プレゼンのテーマは、プレゼンしたい相手の置かれている状況を含め、
相手が行動するよう、選択する必要があるでしょう。
相手を無視してプレゼンのテーマを用意しても、
相手にとっては「お節介」にすぎないことになるかもしれません。
相手が求めているもので、かつ、相手が気づいていないもの、
そのようなプレゼンのテーマを用意できると良いですね。

この二者から分かることは何でしょうか?

ブランドとは、多くの人々に認められることを約束することで
成り立っている物の、概念です。
プレゼンは、主にヴィジュアルにうったえることで成り立つものです。
人々に求められる物は、ステータスを満足させるものですが、
ステータスを満足させる物は、それ自体がヴィジュアルに人々に
受け入れられ、価値が一人歩きを始めるものです。

少数の人々のステータスに応える物を提供し、
その物がヴィジュアルでより多くの人々に受け入れられるように
価値が一人歩きするような戦略は、提供する人にとって、
興奮をともなうものかもしれません。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、
体験した効果は大きいです。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0530


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-26公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.

ビールにある女性ホルモンと、脳内物質による感情。

ビールには女性ホルモンと同じ働きをする物質が含まれています。
脳内物質は感情を支配しますが、重ねられた経験により、分泌される
傾向は変わっていきます。

運命を左右する決定。

自分を超えた大きな節理の恩恵を受け入れるように、
自分の在り方を変えられる、豊かさ。

不幸から解放された、快活な笑いが響き。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、
赤のガラス玉からグループになる考えを導き出します。
心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:外部生命を高める
02:自然の循環

青のガラス玉
03:理想の活動傾向
04:脳内物質による後押し

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:外部生命を高める
06:人間の生命は反映

赤のガラス玉
03:理想の活動傾向
05:節理による人生

青のガラス玉
04:脳内物質による後押し

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、
思考は世界の起源に応じるようになっています。

今回は、次のような操作をしました。

青のグループの元になった何かを、
赤のグループの元になった何かと取り替えました。
この時、青のグループで用いていたもので、
赤に利用できるものは残し(ここでは03)、
赤のグループの元になった何かに応じ、
新しい考え(ここでは05)を加え、新しいグループを創りました。

赤のガラス玉があったところには、
グループの元になった何かの残像が残っていました。
この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応じて
新しい考え(ここでは06)を創りました。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、
新しい場所を与えました。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、
   何回扱っても、互いに比較するなどしても良いです。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :人間は世界の反映した実在する者であり、
             人間の自身への働きかけは人間の性質を
             高めていくものであるから。
それは何と関係あるのか?:世界への関わり方は人間の性質に反映され、
             習慣的な在り方は、脳内物質など、
             節理の現出であることに、関係がある。

3.恩恵の評価

ビールには、女性ホルモンと同じ働きをする物質が、
含まれているそうです。
調べてみると、アルファルファなどにも、
ホルモンと同じ働きをする物質が含まれているようです。
きっと、人間の生命レベルを上げる物質が、自然の働きのなかで、
たくさん生まれていることでしょう。
食物連鎖のなかで、人間はこれらの物質を摂取するのです。
自然の働きを阻害する活動をひかえ、
積極的に自然の恩恵を受け止めていくようにするのが良い、
ということになるのでしょう。

脳内物質が、人間の感情に影響を与えることは、
いまは有名です。
ランニングをする人は、ランニングの最中に分泌される
脳内物質による感情を経験することになります。
ランニングをする度に、脳内物質の分泌が盛んになるようになり、
再び、ランニングをしたくなります。
経験するたびにその経験を深めたくなる傾向は、
ランニングだけでなく、人間のさまざまな活動にみられると、
実験結果により理解されています。

私たちはどのような人生をおくりたいのでしょうか?
私たちの生命は自然の働きの反映であり、
私たちの快感は普段の活動の結果です。

自分の、外にある命と、内にある命。

人間には思考という手段があります。

自然にどのように働きかけ、自分はどのような経験を積むのか、
私たちの命は、私たちの決断にかかっています。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、
体験した効果は大きいです。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0531


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-28公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.

ミニ四駆まつりと大衆演劇の歴史

ミニ四駆まつりは、幼いころから楽しんできた思い出を呼び覚ますもの。
大衆演劇の歴史は、歌舞伎から始まって、今も生き続けているもの。

自分の歴史が、世界の歴史と連動していると、感じるとき。

自分の試みが、金色の翼で舞い上がるとき。

友人たちの笑顔。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、
赤のガラス玉からグループになる考えを導き出します。
心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:遊びのエッセンス
02:夢を手にする

青のガラス玉
03:客の経験から始める
04:受け継がれた手法

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:遊びのエッセンス
06:共に歴史を生む

赤のガラス玉
03:客の経験から始める
05:想像の起点から遊ぶ

青のガラス玉
04:受け継がれた手法

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、
思考は世界の起源に応じるようになっています。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、
   何回扱っても、互いに比較するなどしても良いです。

今回は、次のような操作をしました。
(とばして、2.現象化の質問から続けてくださっても結構です。)

青のグループの元になった何かを、
赤のグループの元になった何かと取り替えました。
この時、青のグループで用いていたもので、
赤に利用できるものは残し(ここでは03)、
赤のグループの元になった何かに応じ、
新しい考え(ここでは05)を加え、新しいグループを創りました。

赤のガラス玉があったところには、
グループの元になった何かの残像が残っていました。
この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応じて
新しい考え(ここでは06)を創りました。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、
新しい場所を与えました。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :何が人々の歴史を生むのか、
             人々の経験を自分の経験とすることが
             出発点だと感じた。
それは何と関係あるのか?:遊びの基本はシンプルに、そして
             想像の広い世界に応じる交流を現実に
             すると、歴史に変わる。

3.恩恵の評価

ミニ四駆まつりは、ミニ四駆を楽しんだ人々の心の歴史に応えるため
販売元のタミヤが企画したものです。
子供でも作れる簡単な構造、安価であり、改造の自由度も高いミニ四駆。
自分が創造したスピードを競技で確かめられる興奮。
ファンの声を取り入れ、発展してきたミニ四駆の歴史は25年を超え、
当時楽しんでいた小学生はすでに大人。
まつりに参加することで、童心にかえるのです。

大衆演劇の歴史は、歌舞伎からはじまりました。
歌舞伎が伝統芸能であるのに対し、大衆演劇はヘルスセンターなどで
興行され、観客との一体感で成り立っています。
大衆演劇が歴史の流れのなかで存続してきたのは、敏感に、その場で、
観客の欲求に応えてきたためと考えることができます。
チャンバラや、勧善懲悪など、気持ちを伝達しやすい手法をとりながら、
浪曲や歌謡など、文化的好奇心に応える仕組みを取り入れています。

この二者には共通点があります。

それは、客の立場から喜びを見いだしたということと、
遊びのシンプルなエッセンスを利用し、
想像の世界を広げる仕組みを創った、ということです。

歴史、という観点から考えると、とても理解しやすくなります。

歴史を生きているのは誰でしょう?
そうですね。全ての人、一人一人です。

何かが歴史に変わるには、人々の歴史になる必要があります。
基本はシンプルに、そして応用は想像の広い世界に応じるように。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、
体験した効果は大きいです。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0532


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-29公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝