あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2012年03月31日

2001年宇宙の旅のモノリスと英知の愛

映画「2001年宇宙の旅」で試練を乗り越えモノリスに触れる度、人
類は新たな英知へと導かれました。外因(モノリス)による英知は迷い
を生みます。同様に、洞察のない愛は迷いを生みます。英知の愛とは何
でしょう?

迷いに悩まされてしまった時。
それでも人は新たな世界に触れようとします。

果てることのない欲望。幼いまま手にした道具。

過ち。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、赤のガラス玉からグループになる考
えを導き出します。心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:外因による英知
02:迷いの発生

青のガラス玉
03:英知の導き手
04:内因と外因

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

青のグループの元になった何かを、赤のグループの元になった何かと取
り替えます。
この時、青のグループで用いていたもので、赤に利用できるものは残し
(ここでは03)、赤のグループの元になった何かに応じ、新しい考え
(ここでは05)を加え、新しいグループを創ります。

赤のガラス玉があったところには、グループの元になった何かの残像が
残っています。この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応
じて新しい考え(ここでは06)を創ります。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、新しい場所
を与えます。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:外因による英知
06:自己認識の旅

赤のガラス玉
03:英知の導き手
05:自己を真実の道具にする

青のガラス玉
04:内因と外因

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、思考
は世界の起源に応じるようになっています。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :英知は、新たな現象の世界に触れることで
             発生するが、人類を超えた英知と異なり、
             新たな英知は迷いをも生むから。
それは何と関係あるのか?:真の英知を想うとき、人は自らの過ちを許
             すことは、他人の過ちを許すことにつなが
             ると感じ、道ばたの花にも英知の光を感じ
             るようになることと関係がある。

3.恩恵の評価

「2001年宇宙の旅」、ご覧になったことがあるでしょうか?SF映
画の古典であり名作と言われています。この映画のなかで、人類はモノ
リスという物体に触れる度に英知を手に入れていきます。しかし、英知
を手に入れると同時に争いと困難へと進んでしまうのです。
モノリスは地球外生命の造ったものとされているようですが、これを神
あるいは真実による作用と考えてみると、人類の歴史と一致するものが
あります。
人類は、与えられた命を生きるだけでなく、新たな現象という外因に導
かれて英知を手に入れてきました。新たな現象という外因を与えたのは
神あるいは真実でしょうか?しかし、それでは、神あるいは真実におけ
る英知と人間の得た英知には差があることになるのではないでしょうか?
愛でさえ、迷いを生むのです。では、真の英知による愛はどうでしょう
か?
神あるいは真実における英知にとどかない人類は、人類における英知に、
ふさわしい場所を与えなければなりません。それには、真の英知を想い、
自らの不完全さに応じ、人類の不完全さに応じ、自己の存在に感謝する
必要があるように思われるのです。
内因の英知も不完全でしょう。しかし、真の英知への謙虚な姿勢から、
道ばたの花にも光を感じる。真の英知の愛も、そこにあるのかもしれま
せん。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、体験した効果は大きいで
す。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0521


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-16公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.

金星の観測と湿原の生物に想う理性の衝動

金星の観測は、神話がどのような運命を地球に予感していたものである
かを人々の知るところとし、湿原の生物は、神に代わって恩恵を現実に
したいという人間の理性の衝動を現実にするカギとなります。

ふと、人生の意味を問うとき。

競争にあけくれた人生をふりかえり、本当にしたかったことは何であっ
たのかを思い出すとき。

子供のころに憧れた神話。恩恵。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、赤のガラス玉からグループになる考
えを導き出します。心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:神話から恩恵へと変化
02:物理的影響という神の仕事

青のガラス玉
03:命の奇跡を維持するカギ
04:神を代理する理性の衝動

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

青のグループの元になった何かを、赤のグループの元になった何かと取
り替えます。
この時、青のグループで用いていたもので、赤に利用できるものは残し
(ここでは03)、赤のグループの元になった何かに応じ、新しい考え
(ここでは05)を加え、新しいグループを創ります。

赤のガラス玉があったところには、グループの元になった何かの残像が
残っています。この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応
じて新しい考え(ここでは06)を創ります。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、新しい場所
を与えます。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:神話から恩恵へと変化
06:夢想は経験の領域を広げる

赤のガラス玉
03:命の奇跡を維持するカギ
05:無限の作用の源に自己を一致させる

青のガラス玉
04:神を代理する理性の衝動

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、思考
は世界の起源に応じるようになっています。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、何回扱
   っても、互いに比較するなどしても良いです。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :理性の衝動は、人が神の代理をするという
             憧れを生み出し、それを実証したいと感じ
             させるものであるから。
それは何と関係あるのか?:未知の現象は、かつて神話などで扱われた
             が、夢想は経験に先行するものであり、知
             性を高めることで価値が証明されることと
             関係がある。

3.恩恵の評価

金星は、国によっても異なりますが、美・愛・戦いの象徴であり、時に
願わしいもの、時に恐れられるものの、きざしでした。
科学の発展により、金星の観測が可能になると、金星は地球に似た星で
あり、地球より太陽に近かったために、地球とは異なった運命をたどる
ことになったことが分かりました。
金星の観測によれば、地上の温度は温室効果により400度を超え、気
圧は70気圧とも言われています。
金星がたどった物理的な運命を調べることで、地球のたどった運命を比
較検討できるようになるとされています。
湿原の生物は、身近な地球の運命です。湿原の生物は多様で、希少生物
にも恵まれています。種の多様性を維持し、環境問題を考える上で、湿
原はキーポイントの一つであり、生物について考える課題にもなってい
ます。
金星の観測と湿原の生物が、いったいなぜ、同時に考えられるのでしょ
うか?それは、人間の理性の見る夢に関係があります。人間は神ではあ
りません。しかし、神話などに見られるように、神のおこないを人間は
夢想し、神のおこないを代理したいと思うものです。
現象の無限の働き、そこに、自分自身の姿を見たいと思うのは、人間の
美しい一面だと思います。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、体験した効果は大きいで
す。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0522


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-18公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.

ミッキーマウスの歴史とRPG作成ソフト

ミッキーマウスの歴史は、チャーリー・チャップリンをモデルとして進
み、RPG作成ソフトは、人間の活動に関わるモデルの利用で発想の自
由を現実にしました。

人類の財産を見失ったとき。孤独な。

共有される自由が可能であることを忘れ、限界を感じ、一冊の書物を手
にとることにも恐れを感じ。

勇気とは、愛されていることを自覚することだと、思い出し。

一歩を。ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、赤のガラス玉からグループになる考
えを導き出します。心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:思想や精神の再生
02:共有される表現

青のガラス玉
03:基本的な活動・状況・障害
04:解放された発想

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

青のグループの元になった何かを、赤のグループの元になった何かと取
り替えます。
この時、青のグループで用いていたもので、赤に利用できるものは残し
(ここでは03)、赤のグループの元になった何かに応じ、新しい考え
(ここでは05)を加え、新しいグループを創ります。

赤のガラス玉があったところには、グループの元になった何かの残像が
残っています。この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応
じて新しい考え(ここでは06)を創ります。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、新しい場所
を与えます。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:思想や精神の再生
06:変化する時代や状況

赤のガラス玉
03:基本的な活動・状況・障害
05:新たに生まれる思想や精神

青のガラス玉
04:解放された発想

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、思考
は世界の起源に応じるようになっています。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、何回扱
   っても、互いに比較するなどしても良いです。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :人間の活動や、活動する環境、存在する障
             害などから、基本的な要素を取り出し、こ
             の要素を利用すると発想が素早く展開され
             るから。
それは何と関係あるのか?:行きづまった時、歴史上の出来事から基本
             的な活動や環境や障害を再現すること、あ
             るいは創造すること、そして人々と共有す
             ることと関係がある。

3.恩恵の評価

ウォルト・ディズニーは、ミッキーマウスを生み出すとき、チャーリー
・チャップリンを意識していたことは、有名な話です。ミッキーマウス
の歴史は、こうして始まったのです。実際、初期のミッキーマウスは、
チャーリー・チャップリンの映画のように、どたばた喜劇で、チャップ
リンの映画の歴史を追うように、しだいに心優しいキャラクターに変わ
っていきました。
RPG作成ソフトは、人間の活動や、活動する環境、存在する障害など
から基本的な要素をツールとして提供することで、誰でもRPGを作成
できるようにしてあります。面白いことに、基本的な要素が提供される
ことで、創作の発想の自由度は下がることはなく、一般には上がってい
るのです。これは、絵画の基本が創作の自由度の妨げにならないことと
似ています。
この二者から何が分かるでしょうか?そうです。人間の活動や、活動す
る環境、存在する障害などが一般化されると(以後、一般化された実際
と呼ぶ)、発想の自由は人々に共有されるものになるのです。言いかえ
ると、歴史上にあった発想から一般化された実際を再現できれば、発想
の自由度は上がり、また、一般化される実際を見いだすほど、人間は内
面的な豊かさを増していくのです。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、体験した効果は大きいで
す。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0524


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-19公開

   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.

名前としての源氏名とガーデニングの手作り

名前としての源氏名は教養の源流を個性の背景として用いることで自分
や他人の動機を高め、ガーデニングの手作りは自然を背景とした情操で
教養の元となり、時代を自由に行き来するものです。

普遍性のベッドに横たわり、無限と夢幻の夢をみたい。

時代を行き来し、時流を超越した個性を、生きてみたい。
星々のように象徴となって。

きらめく。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、赤のガラス玉からグループになる考
えを導き出します。心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:共有された動機
02:ステータスの意識

青のガラス玉
03:情操の共有
04:世代を超える

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

青のグループの元になった何かを、赤のグループの元になった何かと取
り替えます。
この時、青のグループで用いていたもので、赤に利用できるものは残し
(ここでは03)、赤のグループの元になった何かに応じ、新しい考え
(ここでは05)を加え、新しいグループを創ります。

赤のガラス玉があったところには、グループの元になった何かの残像が
残っています。この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応
じて新しい考え(ここでは06)を創ります。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、新しい場所
を与えます。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:共有された動機
06:手法の原点

赤のガラス玉
03:情操の共有
05:教養の手本

青のガラス玉
04:世代を超える

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、思考
は世界の起源に応じるようになっています。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、何回扱
   っても、互いに比較するなどしても良いです。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :教養などへの動機は、ステータスへの同意
             で共有されるから。また、同意があれば、
             ステータスを借用できるから。
それは何と関係あるのか?:和歌やガーデニングなどで高められた情操
             は時を超える教養の基礎であり、実践する
             者が時を超える感性を持つことと関係があ
             る。

3.恩恵の評価

名前として用いられる源氏名は、源氏物語の巻名を、女官や遊女が用い
たものです。源氏物語は、歌つくりという教養に用いられ、歌つくり全
体がもたらすステータスの源流でした。つまり、教養を背景に自分自身
の個性を表明し、またその表明に賛成することで人々がステータスへの
自分自身の動機を高めたのでしょう。
ガーデニングでの手作りは、情操を高めるのですが、この情操は自然を
背景にしているだけに、時代に左右されない普遍性をおびており、ガー
デニングを共同でおこなう人に情操の面から働きかけることができます。
手作りという面から、ガーデニングは個性を普遍化するものでもあるで
しょう。
この二者から分かることは、さまざまな時代を行き来できるような感性
というものがあり、それは時代に左右されない情操を背景にした教養と
して成立するものである、ということです。また、この教養は、人々に
受け入れられる種類のものであり、個性を普遍性に見いだすものでもあ
るのでしょう。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、体験した効果は大きいで
す。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0525


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-20公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.

トランスパーソナル心理学とブッダの宇宙論

トランスパーソナル心理学では、個を超えたものと自己が一体であるこ
とを実践し、その成果に期待します。ブッダの宇宙論では宇宙には始ま
りもなければ終わりもない、とされています。

自分をなぐさめる遊びに興じて、渇いた笑いをする。
なぐさめて気づくのは、迷い。

この世界の起源から起こる超越を、自分の笑いとしたい。

ふと気づく。衝動。

ガラス玉遊戯を試してみましょう。

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、赤のガラス玉からグループになる考
えを導き出します。心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

7112408[1].gif

赤のガラス玉
01:自己の起源
02:目覚め

青のガラス玉
03:調整された観察法
04:意識による行動

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

青のグループの元になった何かを、赤のグループの元になった何かと取
り替えます。
この時、青のグループで用いていたもので、赤に利用できるものは残し
(ここでは03)、赤のグループの元になった何かに応じ、新しい考え
(ここでは05)を加え、新しいグループを創ります。

赤のガラス玉があったところには、グループの元になった何かの残像が
残っています。この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応
じて新しい考え(ここでは06)を創ります。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、新しい場所
を与えます。

7112415[1].gif

黄のガラス玉
01:自己の起源
06:新しい歩み

赤のガラス玉
03:調整された観察法
05:先入観からの解放

青のガラス玉
04:意識による行動

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、思考
は世界の起源に応じるようになっています。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、何回扱
   っても、互いに比較するなどしても良いです。

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :人間には自我があるが、自我の以前に自我
             を超えた意識があり、自我を超えた意識に
             従うと世界が異なって見えると感じたから。
それは何と関係あるのか?:宇宙や空の世界にたゆたい、世界の起源を
             洞察する道が、人間には開かれていて、そ
             の道を実践できることと関係がある。

3.恩恵の評価

トランスパーソナル心理学では、個を超えたものと自己が一体であるこ
との効果について考え、実践します。人間には、個に先立って、自然や
宇宙や他者と一体の意識があって、この意識に立ち返ることができる、
ということでしょうか。
ブッダの宇宙論では、宇宙には始まりもなければ終わりもない、とされ
ています。これは、現代で主流のビッグバン宇宙とは完全に異なった考
え方ですが、ビッグバン宇宙では説明しきれない宇宙の解釈の仕方であ
る、とする人が、西洋にもいます。
この二者に共通のエッセンスがあるとすれば、それは何でしょうか?
私の考えでは、人生であれ、学問であれ、何かを探求したり解明しよう
とする時には、探求したり解明したりする姿勢が問われ、この姿勢が個
人的なものであれば成果は限られており、超個人的なものであれば新た
な発見がある、となりました。
自分の物事の見方を個人的なものから解放する手段があるのであれば、
探求や解明の過程で得た断片的な成果を仕上げる全体に自己を導くのに
役に立つことでしょう。

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、体験した効果は大きいで
す。

ぜひ、お試しください。
http://www.magicandbeauty.com

図式:0527


この記事で紹介している情報はご自身の責任でご利用ください。


2007-04-22公開


   (C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝