あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年05月07日

人間の間接的な力。時空において形成される群の働き。

[概観]

no1681mapping.jpg


[あなたの力のためのマッピング]

人が何かを現実化する時、
時間と空間の連続のなかで活動している。

人が現実化する物事は、
何らかの時間と空間の連続と比較されている。

経験は時間と空間について分解されえる。

これらが全ての人々に共通であるため、
ある人から他の人に意味の伝達が起こる。

意味の伝達は社会的な力を形成する。

出発点に戻って考えてみる。
「その活動はどのような時間と空間の連続において
 なされているのか?」
「同様の時間と空間の連続において生じている物事には
 どのようなものがあるか?」
「それらは効果について連係するが、
 活動においてそれは意識されているか?」

振り返って検証してみる。
今回見い出されたのは「人間の間接的な力」だ。
意味において関係が連動する。

直接に変化を現わす「物事の直接的な力」と比較され、
現在は意識されにくい。

潜在的に効果に相互作用が形成される過程だ。
それは人間の意識が顕現する触媒として物事を説明する。


図式:1681

この記事は図式1680と関係している。
“未来の時点で生を可能にする自然と精神の関係の構築。”
http://blog.potential-performers.com/article/125916687.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)

2015年05月05日

過去から未来への境界における豊かさの獲得。

現在の競争は、境界条件の競争である。
人々は未来の豊かさを「境界の現出」の概念において
期待し、獲得している。


医療・宇宙・ロボットなど、
新たな発展分野の技術による基礎づけが進んでいる。

現在の「最も大きなマーケットへの効率的な攻略」は
人々の新たな発展分野からの意識の変化にさらされていた。

人々は豊かさを経験している。
人々は未来の経験を期待している。
その変化の過程はどのように現われるか?

既存のマーケットを拡大する+αは、
未来の豊かさから見た「+αの経験」でもある。

それは、既存のマーケット自体でもあり、
未来のマーケットの獲得でもある。

つまり、現在の「発展の現場」は、
「過去の豊かさと未来の豊かさ」の「現出の境界」として
現われている。
すでに一般の人々にとって経験可能な進展として。
人々も未来の獲得を「境界の現出」においてとらえているだろう。

気づいているなら、大企業も起業家もそこで活動する。

例証においてとらえるなら、
数学や物理でその概念が扱われている「境界条件」。
この例証において、
現在の競争は、境界条件の競争と言える。

「現在」における豊かさは、
「過去」から「未来」への境界の形態として期待され、
「境界の期待」に応じるものが獲得の対象となっている。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝