あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年07月28日

宇宙に匹敵する、現象としての意識の活用について。

[概観]

no1716mapping.jpg


[あなたの力のためのマッピング]

原始の地球において、
無機物の結合を始まりとして、
原始の生命が誕生したとされる。

他方、
私達は無機物を含む自然界の物質(食物)を食べ、
新しい体細胞や活動エネルギーを生み出す。
水は代表的な無機物である。

植物は太陽のエネルギーを用いて体細胞を生み出す。

この三つの相違は何だろう?
この三つの相似は何だろう?

宇宙に存在するどの事物も生成力の影響により変化する。

脳の意識は高次の生成力である。
しかし、無機物も生成力に反応している。
私達が栄養として摂取する無機物にも
「生成力への反応」が存在している。

「意識は遍在する」と定義できるだろうか?
だとすると、エネルギーと意識には共通点がある。

変化はエネルギーの形態であり、
生命はエネルギーの形態である。

こう言うと極論だろうか?
「生成力は意識の構成以前に存在している」。
「意識は脳以外にも存在している」。

意識が人間の活動を導くのだとしたら、
人間は宇宙に匹敵する、現象としての意識について、
まだあまり活用法を知らない。


図式:1716

この記事は図式1715と関係している。
“栄華と衰退に超越的に覚醒するための意図の用法。”
http://blog.potential-performers.com/article/156695950.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)

2015年07月18日

現象世界と自己の霊性の一致の例証は求められる。

[概観]

no1712mapping.jpg


[あなたの力のためのマッピング]

自然への対応が生存の日常であった時代、
俳諧などは現象世界への感応力を獲得する過程であった。

現代は人工の物事に適応することが現実の世界になっている。
現象世界への感応力の評価は高くなく、
また、使用されずにいると、感応力は低くなっていく。

力が筋肉の自覚であるように、
感応力は自己存在の霊性の自覚である。

スピリチュアルな技法の獲得が目指される理由でもある。
現代人は自己存在の霊性の自覚が例証されることを好む。

つまり、テクノロジーで稼動する人間の世界においても、
人は宇宙(現象世界)と自己の霊性の一致を欲する。
それは自然界のエッセンスの洞察と再現で例証されえる。


図式:1712

この記事は図式1711と関係している。
“現象世界と実存世界の広大な交差の可能へ発展を導く。”
http://blog.potential-performers.com/article/151471124.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)

2015年06月14日

広域の第一原因と共に存在する人間にとっての「成就」。

[概観]

no1702mapping.jpg


[あなたの力のためのマッピング]

こう考えてみます。

「ある自然法則は宇宙のどの場所でも等しく作用する。
 言い換えると、宇宙における変化は、人間の生存に影響する。
 あるいは、宇宙の全ての力はどの瞬間にも存在している。」

すると、
「成就」とは「宇宙の力」と「現象界の変化」の一致に起こり、
人間の真の力はそれに覚醒することだと考えられます。

どの時空に成就が起こるかについて覚醒し、
それを人間は自分自身の力として用いることができます。

「節理」は「作為」に優越して作用するでしょう。
それはこの現象世界における優位も意味します。

人間の創り出す世界は不安定です。
それに対し、安定して遍在する全ての力が関係しています。
人間が「成就の意味」に覚醒すると、
その人間は否定しがたい影響力を世界に現わすことができます。

存在からの力が、存在界で働くからです。
それは同一性において止められません。

私達は広域の第一原因と共に存在しています。


図式:1702

この記事は図式1701と関係している。
“経験される存在を利用して、変化の起点に先行する、主導。”
http://blog.potential-performers.com/article/140583341.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)

2015年05月31日

発展の最中のアンバランスに、発展しながら働く恒常性を現わす。

[概観]

no1697mapping.jpg


[あなたの力のためのマッピング]

こう考えてみる。

「宇宙はすでに完成している。
 その完成に追いつこうとして、人間の意識は進化している。
 ゆえに、人間の世界にはアンバランスが常に生じている。
 進化に向かいながらバランスをとるための活動には、
 節理の助力が与えられる。
 それは通常、覚醒として現われる。」

「人間は究極の原因に向かって上昇する理性概念の能力を持つ。
 理性概念の能力は覚醒を上昇させながら、
 作用としてのバランスの発現に道を開いている。」

発展はアンバランスを現わすことが多いが、
それは人間の不完全さが原因であると考えられる。

修養された人間は、バランスの観点から、
発展の最中に生じるべき物事に気づくことができるのだろう。

それは世界への貢献でもある。


図式:1697

この記事は図式1696と関係している。
“真実の本体と、意識の本体の、一致による作用。”
http://blog.potential-performers.com/article/135796377.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)

2015年05月19日

生誕されえる奇跡としての世界と、最初の実践。

[概観]

no1688mapping.jpg


[あなたの力のためのマッピング]

世界における最大の奇跡は世界が生誕したことである。

世界が一つの生誕によることを示すこととして、
私達の実践において効果的な物事の小さな系統は
宇宙の大きな系統と整合がとられることが得られる。

私達の創造的な活動は、創世の拡張的な活動と整合がとられ、
自分自身を重要と感じる感覚は高くなる。

創造的な実践は、万物の継続であると同時に、最初である。
その実践がなされる時、私達に覚醒の感覚がともなう。

その覚醒において、
世界は獲得されえるものとして存在している。

世界は生誕するものとして経験されえる。


図式:1688

この記事は図式1687と関係している。
“創造に宿る存在の祝福を、
 自己が「祝福された過程」であることに活かす。”
http://blog.potential-performers.com/article/131581298.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝