あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2014年01月31日

“世界を現わす理性により、どの要素も動的である。”

[図式]

写像。 ← 探査能力に応じる理性。
コンピューターシステム。 → 動的な文脈において。

源泉。 ← 効果を独立に見る。
構成に至る要素。 → 世界像を得る。

限局。 ← 人の文脈。
成立する原因。 → 合目的性。

※第一図式法は未知の技術の原型を現わすことがあります。
※図式の読み方はカラムに記載(リンク)されています。

no1494fig1.jpg

[引用]

静的な写像は動的な理解によって成り立つ。
固有の能力に世界に存在する効果で応じる理性は実証的。
上述により、固有値の活用は動的。


図式:1494


(C)Copyright 2014 Kyo Nissho. All rights reserved.

2014年01月29日

“現われていない流れに反応することによる先行。”

[図式]

潜在的像。 ← 現象への反応の先取り。
生成言語理論。 → 実在としての言語の原型。

生命以前の存在。 ← 無現象の感得。
原型から現象型が生じる。 → 誕生前にさかのぼる。

実在自体。 ← 言語の文脈。
覚醒。 → 遍在に応じる系。

※第一図式法は未知の技術の原型を現わすことがあります。
※図式の読み方はカラムに記載(リンク)されています。

no1493fig3.jpg

[引用]

現われているものは現われていない全体の一部。
その全体を意識しながら現われた一部を補完していく。
まだ現れていない流れに反応する。
先行であり源流。


図式:1493


(C)Copyright 2014 Kyo Nissho. All rights reserved.

2014年01月28日

“存在している超克”

[図式]

超克。 ← 意識外のモデル。
宇宙探査。 → 内面の世界モデルと現象界の比較。

普遍性自体。 ← 潜在的構想。
構想力の調整。 → 始点の獲得。

同一性。 ← 意識を自由に持てること。
神性。 → 機構としての変化。

※第一図式法は未知の技術の原型を現わすことがあります。
※図式の読み方はカラムに記載(リンク)されています。

no1492fig1.jpg

[引用]

初めて出会ったそれは、
心の奥底に眠っていた可能性だった。

観察してみると、
その可能性は宇宙にも存在していたコンセプト。


(C)Copyright 2014 Kyo Nissho. All rights reserved.

2012年12月30日

“理性の場。世界の像。” ガラス玉遊戯の私の小作品として

これまでの要約として(no1295-1299)。


物理学上、時間と空間による経験の存在しない場が想定されうる。

no1296fig1.jpg
参考:“事象の地平面”の no1296fig1
http://blog.potential-performers.com/article/61026701.html


経験上、無の場は理念の場に想定できる。

no1298fig2.jpg

no1298fig3.jpg
参考:“アクション・リサーチ”の no1298fig2,3
http://blog.potential-performers.com/article/61115917.html


例証は、世界が実在の組織化をうながすことによる、鏡面の性質を帯び、
人がその鏡を用いる時、世界に存在する物事の像は人格的な性質を現わす。

no1299fig2.jpg
参考:“自己組織システム”の no1296fig3
http://blog.potential-performers.com/article/61073462.html


ガラス玉遊戯の最初の図式法
http://glass-bead-game.potential-performers.com/g-zusikihou.html


(C)Copyright 2012 Kyo Nissho. All rights reserved.

2012年12月29日

“アクション・リサーチ” ガラス玉遊戯の小作品としての

人が感じる最も大きな実在は宇宙。
星々は宇宙の象徴。

構想力に理念のフィールドが開かれていると、
自分が存在する意識と、全ての存在に関する意識が、
仮定において重なり合っていく。

その全てを実証することはできない。
しかし、一部に実証的に関われる例はある。

no1298fig3.jpg
*no1298fig3

社会心理学の「アクション・リサーチ」では、
与えられる刺激と、集団活動の変動の過程が、
観察される。

自分自身の活動という現実と、仮定によるフィールドが、
重なり合っていて、数量的に観察されうる。

その数量の傾向は、理念の広がりと、比較されうる。
理念のフィールドは姿を持ちうる。


今回はno1295fig1からno1298fig2までの全体と、
no1298fig2単体とを比較して見つけ出した流れについて、
解釈を一つ、創りました。

no1298fig2.jpg
*no1298fig2

“回転する環境”
http://blog.potential-performers.com/article/61097941.html


ガラス玉遊戯の最初の図式法
http://glass-bead-game.potential-performers.com/g-zusikihou.html


(C)Copyright 2012 Kyo Nissho. All rights reserved.
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝