あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年08月17日

心構えの現象化。電子機器のデザインについて。

電子機器のデザインに現象世界で影響力を持つ何かを
用いる場合がある。
有力な人物や有名な作品など。

電子機器で用いられる情報について、
活動に「影響力の像」が先行して構成力となり、
情報の効果が向上する。

デザイン自体は影響力を現わすのではないが、
動的な情報に対し、人間の動的な構成力が先行するよう、
心構えが調整される。

いわば、心構えの現象化だ。
電子機器については、心の力が現象化する。

no1732diary.jpg


図式:1732


参考:“先立って気づく脳”
http://blog.potential-performers.com/article/102754417.html


もしあなたの知人がこの記事を喜ぶなら、
それはあなたの進展の可能性の一つです。
なぜなら、進展は人間の能力の相乗作用だからです。
発信あるいはリンクを。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2015年08月16日

快楽あるいは快適は超越性を意味する。同意の対象。

人間は快楽(あるいは快適)を求める。
また、人間は創造性を扱うことができる。

快楽として現われる創造性の余力を生み出すことができると、
活気が生まれる。
快楽について、人は努力なしに理解することができる。

快楽(あるいは快適)の形を、
創造性の余力は現わす目標とする。

言い換えれば、快楽(あるいは快適)の形になる、
全ての創造性に意味がある。

同意は力として波及する。

快楽あるいは快適は超越性を意味する。
その超越性が人格的に現われると、同意の対象になる。

no1731diary.jpg


図式:1731


参考:“先立って気づく脳”
http://blog.potential-performers.com/article/102754417.html


もしあなたの知人がこの記事を喜ぶなら、
それはあなたの進展の可能性の一つです。
なぜなら、進展は人間の能力の相乗作用だからです。
発信あるいはリンクを。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2015年08月15日

世界にとって、あなたは力だ。翻訳される前の、心の動きだ。

生命は記号になる前の表現だ。
そこに世界が現われている。

争いも和解も、生命の運動であることから、
そのことが理解されるだろう。

あなたは一つの生命だ。
その生命は、翻訳される前の世界でもある。

世界が反応する心の動きは
あなたのなかにも目覚めえる。

あなたは気づいているだろうか?
世界にとって、あなたは力だ。

no1730diary.jpg


図式:1730


参考:“先立って気づく脳”
http://blog.potential-performers.com/article/102754417.html


もしあなたの知人がこの記事を喜ぶなら、
それはあなたの進展の可能性の一つです。
なぜなら、進展は人間の能力の相乗作用だからです。
発信あるいはリンクを。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2015年08月14日

攻撃性は有限な超越性。現象世界は無限の超越性。

力の大きさそのもの。
影響力に感じる超越性に何かの始まりを感じる。
自己重要感について、錯覚。

世界もまた不条理。
軽視される自己存在。

怒り、不安、衝動。

攻撃性は有限な超越性。
その力を行使する者は消滅の性質に生きる。

現象世界は無限の超越性。
その力を行使する者は永遠の性質に生きる。
その手段を私達は求める。

no1729diary.jpg


図式:1729


参考:“先立って気づく脳”
http://blog.potential-performers.com/article/102754417.html


もしあなたの知人がこの記事を喜ぶなら、
それはあなたの進展の可能性の一つです。
なぜなら、進展は人間の能力の相乗作用だからです。
発信あるいはリンクを。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2015年08月13日

天性について、現象界への反応性の向上が意味するもの。

人間は現象している意識であり、
その意識への反応体である。
無条件の自己信頼は現象界への反応性を高める。

知識は人間の現象界への影響力を高めるが、
過度に知識にのみ依存すると、
現象界への反応性への自己信頼が低下する傾向がある。

どの時代にも、
純粋に現象界に反応できるよう自己を誘導する技法が
求められていた。
天才とは天性が時代に合った人のことであった。

いま、高度の情報化が
世界を人間の天性に反応するように
世界を進化させつつある。

天性における現象界への反応性を高めることが、
自分自身によっても、世界によっても、
求められる時代になっている。

no1727note.jpg


図式:1727


参考:“先立って気づく脳”
http://blog.potential-performers.com/article/102754417.html


もしあなたの知人がこの記事を喜ぶなら、
それはあなたの進展の可能性の一つです。
なぜなら、進展は人間の能力の相乗作用だからです。
発信あるいはリンクを。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝