あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2014年03月24日

“人の創造物と、自然との起源の一致。”

[インナーシステム]

キーワード:
自然と自己の起源の一致。

ヒント:
自然を一つの生命体として観察すると、
時間や空間を超越して生存する存在者についてイメージされる。
その存在者への手がかりは自己にも存在している。


[アウターシステムへのテクスト]

ある目的を達成しようとする時、変化が障害に感じられることがある。
ある自然な目的が人間に存在する時、人が創造したものは錯覚を
もたらすことがある。



[アウターシステム]

キーワード:
様々な働きには起源がある。

ヒント:
万物の根底の働きを直接に観察することは大変困難である。
一方、自己に錯覚をもたらすものが判明して、それを打ち消す時、
自己の内面の静寂は根底の働きへの手がかりになる。


[インナーシステムへのテクスト]

自然は人間の行為を超越して働く。
一方、人間自身も自然の一部として存在している。
そもそも一つであるものが、二つのものに感じられている。


no1510fig1.jpg


[原型]

人や自然の働きには起源がある。
両者の起源が一致すると、その働きはシンプルに理解される。
起源を見い出す方法の一つは、
その活動を行なう際に感じる障害(ノイズ)を取り除いてみることだ。
障害(ノイズ)を感じない構成物は、
活動について自然と起源を一つにする変化(コンテクスト)に近い。


図式:1510


(C)Copyright 2014 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91553891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝