あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2014年01月07日

対象:生成の共通項 判断:技法の可能を確信する

[状況:二つの崩れていくもの]

空の裂け目。崩れた光が落ちてくる。
布地のようにやわらかい大地に足をとられながら、
逃げる所を探す。
せめて落日が来て光の崩壊が見えなくなったなら。
地の裂け目。底に何があるのか分からない。
二つの崩れていくものに生きる場をせばめられ。
昨日まで当然だったものを探す。



[対象:生成の共通項]

no1488fig1.jpg

崩壊を観察する時、観察の行為は実在である。
崩壊以前と崩壊以後に、共通の基準が存在している。


no1488fig2.jpg

新しく育っていく物事を探す。
生成は止まない。収穫の時を待つ。


no1488fig3.jpg

命ある者は、自らの命から生成の規則を読み解く。
生成の仕組みには共通項がある。



[判断:技法の可能を確信する]

no1488fig4.jpg

生命を生成するものは、世界を生成している。
解明の過程は、時の基準に従う。


no1488fig5.jpg

生命の時計は生成の種(始まり)も示す。
その種に気づく者は、その実りを知る。


no1488fig6.jpg

変化の過程を推理する。
技法の可能を確信する。


図式:1488


(C)Copyright 2014 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 試行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84790637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝