あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2012年12月30日

有限と無限。相対性と絶対性。

人の欲望に応じて、大量の薬物で得た巨体は、
地球を覆った。

名前は“システム”。
私たちの生きるところ。

私たち存在はシステムに対して相対的に小さく、
私たちの理想は相対的に非力だ。

私たちは願っている。
私たちが存在する故に私たちである絶対性を。
私たちが必要とする故に理想は無限の大きさに存在することを。

無限の絶対性と比べ、システムが非力であることを、
私たちは知っている。

ただ、
有限で相対的なシステムや私達とを比べているために、
システムや私達を、無限の絶対性とを比べることを、
いつの間にか忘れてしまっている。

相対性は有限な物事に見い出される。
絶対性は無限な物事に見い出される。


(C)Copyright 2012 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 技芸倶楽部
この記事へのコメント
With the bases loaded you struck us out with that anwrse!
Posted by ryYivkKVkBC at 2013年12月15日 21:58
Inthigss like this liven things up around here.
Posted by 9I0Z8Thd at 2013年12月19日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61126176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝