あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2012年04月01日

退廃に関する神性と希望

図式No.1010からなる技芸の展開の二例を、現出の性格に関し、
便宜的に目的・方法・理由にて把握の具体化をおこなった。

ガラス玉遊戯図式法が事象の変転に応じる性格から、
以下の二例は現出する概念のスナップショット程度に理解されたい。

テーマは「退廃に関する神性と希望」。
二例抽出の形式は「トラディショナル」と 「シュール」とし、
解説を付することとした。
 
 
【トラディショナル】

目的:共同による利益の拡大
方法:共有できる価値のシステム
理由:豊かさは神の約束という感覚

[解説]

人々が互いの心を信じ合えなくなると、欲望の追求こそ人らしい姿だと、
不安を合理化する精神性は、「退廃」と呼ばれる。
他方、利益を共有する価値のシステムがある場合、参加する人々は、
共有される価値の創出のなかに、互いの心の信頼を再発見する。
この再発見は、退廃への無力感に対抗する「神性の驚き」となる傾向がある。
 
 
【シュール】

目的:強さ・速さ・美しさ
方法:弱い心への主導権
理由:愛から人は逃げられない

[解説]

退廃は敗北感の裏返しであり、希望は強さ・速さ・美しさで示される。
社会の生産性が減少するほど、強さ・速さ・美しさによる主導権は高まり、
利益の集中が始まる。
強さ・速さ・美しさは相対評価であり、時代の変化と共に失われやすいが、
つねに価値を保証してくれる存在者はいないと判断する傾向がある。
 
 
感想:ガラス玉遊戯の無限の可能性に感謝したい。


2010-01-18公開
 
 
     (C)Copyright 2010 Kyou Nissho. All rights reserved.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54763270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝