あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2012年04月01日

節理の採用と崩壊の観察

図式No.1012からなる技芸の展開に関し、
目的・方法・理由の形式に把握し、二例を得た。

テーマは「節理の採用と崩壊の観察」。
 
 
【トラッド】

目的:在り方の母体である世界観の健康
方法:時流の予見と活動規則の再定義
理由:精神的崩壊の作用の回避と活動の開始

[解説]

社会が安定から不安定に移り変わる初期の特徴の一つとして、
社会の精神的・実利的な機能を私益のために悪用する人の登場がある。
相互信頼を利用した詐欺や、職場の私的独占などが、観察される例となる。

時間尺度を長くとって、この悪用の作用の経過を観察してみると、
多くの場合、一時的に社会からルールなどが喪失されることになるが、
異なったルールを確立することで、小規模の社会の再創生が始まりうる。

(略)
 
 
【シュール】

目的:自我の満足にルールを帰属させる
方法:欲望の明確化と圧力の集団形成
理由:不安と恐怖の克服と快楽の追求

[解説]

より大きな快楽を追求するとともに、誰からも支配されない、
というのは、獣性を持つ人間の性格の一面である。
もっとも、本来の獣と異なるのは、人間は生活に足りる以上の支配を求め、
自分にプラスになる支配力については無限の拡大を歓迎する。

私欲のみによる支配力の拡大は、利己主義に顕著な創造性への拒否により、
労力などの対価に比べ、快楽などの利益は急速に減少する時を迎える。

(略)
 
 
 
二例抽出の形式は「トラッド」と 「シュール」とし、
解説を付することとした。

トラッドもシュールも技芸の様態であり、個性により選択されるが、
双方の存在を受け入れて初めて技芸の進展がある。

なお、ガラス玉遊戯図式法が事象の変転に応じる性格から、
この二例は現出する概念のスナップショット程度に理解されたい。

感想:人の活動、その根源は自然に通じており、理想も私欲も、
    節理の環の外に落ちたことは無かった。


2010-01-21公開
 
 
     (C)Copyright 2010 Kyou Nissho. All rights reserved.
この記事へのコメント
This is just the perfect asewnr for all of us
Posted by biIenYaehkqAKf at 2012年11月01日 08:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54763221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝