あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2012年01月07日

自己存在を用いて、他者の存在を活性化する。

【要約】

自己存在を用いて、他者の存在を活性化する。


【本文】

元々、人は様々な作用を伝達する存在です。
そのため、
何かの意味を他者に伝達するには、
その人の存在自体が最も大切になります。

芸術は、調和の技法を用いて、
他者に自分の存在を再現することでもあります。

他方、芸術は、自分の存在によって生まれた調和の技法で、
他者の存在を活性化することでもあります。

芸術の技法を持つ人は、
自分の存在によって、他者の存在を活性化することができます。

かつての、
CDやDVDなどで作品を伝達することでなされていた芸術の活動と
異なった方法で。
いまは世界精神があるからです。

世界精神の三つの要素は、
芸術の技法の実在と、自発的活動の実在と、インターネットの実在です。
http://glass-bead-game.potential-performers.com/worldspirit.html

世界精神において、かつて、美を伝えていた調和の技法は
他者の存在の活性度を高めるため自己存在を用いる伝達手段として、
再評価できるようになりました。

比喩的に言えば、この世界は楽器になったのです。

(C)Copyright 2012 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 合目的性
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52952235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝