あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2011年12月18日

潜在領域と事象の相互作用と人の偉大さ

【要約】

目的: 反転:
可能性に関する潜在的な領域の変動分を他の事象に相互作用させること。

方法: 力:
普遍性の理解は潜在的領域への働きかけの扉を開く。

理由: 節理:
動機は自分自身の偉大さの自覚から起こる。


no1166fig4.jpg


【本文(一部)】

[]の中味はこのブログのカラムのガラス玉遊戯の図式法の
ポテンシャルを意味しています。
[]が無い部分は、ガラス玉遊戯の図式法の記述そのものです。
()の中味はガラス玉遊戯の図式法のエッセンスの名前です。

[潜在的な共振] ⇒ (機能):
神話あるいは深層意識による他の文化の変化例を示すこと。

(原理):普遍と不変 ⇒ [自己存在]

[希望] ⇒ 現象に反映することが可能な人の精神を明確にすること。



(C)Copyright 2011 Kyo Nissho. All rights reserved.
この記事へのコメント
Alright alright alright that's excatly what I needed!
Posted by nAwyyFTDRl at 2012年10月31日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52097043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝