あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2020年03月28日

空間中の物質としてのCOVID-19を紫外線で殺すための考察を行なった。

1.目的

空間中の物質としてのCOVID-19を紫外線で殺すための考察を行なった。

(1)〜(5)が知られる必要がある。

(1)COVID-19を殺すために最適な紫外線の波長。
(2)(1)による照度。
(3)(1)と(2)による照射時間。
(4)保護メガネの着用。2を参照。
(5)(4)の適用と同時に、夏の屋外と比較した紫外線対策の範囲内であること。

COVID-19を殺すために最も有効な波長の紫外線、言い換えれば、COVID-19を殺す以外の環境的な負担が最も少ない紫外線の波長を見つける。そして、蛍光灯をLED灯に替えたように、例えば室内の照明の1/5をその紫外線を発光する機器に替えられる場合に。


2.紫外線ライトと、その減衰のためのメガネ。

遮蔽が無い状態で、この紫外線ライトは67.7Lux(67700Lux)の明るさ。
20200323 (6).JPG
この紫外線ライトは960円。
このライトはCOVID-19を殺すためのものではない。
このライトの波長は明確で、395nm(0.000395mm)。

同程度の計測位置で、PCのディスプレイは55.5Lux。
20200323 (4).JPG
言い換えると、この紫外線ライトの照度はPCディスプレイの1220倍。

PC用のOAグラスを通過すると、1.778Lux(1778Lux)。
20200323 (7).JPG
この紫外線ライトの照度は1/38に減衰した。
このOAグラスは5600円くらい。

粉塵防護メガネを通過したその紫外線は24.5Lux。
20200323 (8).JPG
この紫外線ライトの照度は1/2.76に減衰した。
この粉塵防護メガネは480円くらい。
メガネのこの形状はその側面からの光を減衰させる。


3.紫外線を通過する風速について

i) 光量を弱めに設定する場合
20200325 Consideration on wind speed passing through ultraviolet rays (2).png

ii) 人々への紫外線ダメージ無しでCOVID-19に対して安全な部屋、もしCOVID-19を殺す間接的な紫外線が公的衛生の時間のために十分なら。
20200325 Consideration on wind speed passing through ultraviolet rays (5).png


4.その紫外線ライトを組み合わせる

20200325 Consideration on wind speed passing through ultraviolet rays (3).JPG


5.所見

COVID-19は目に見えなくても、紫外線発光機器は見える。見えないものは、存在するものとして意識されにくい。しかし、紫外線発光機器は見える。見えるものに対しては、人は意識を向けやすい。

COVID-19の感染の速さから、(6)〜(9)。:(6)ワクチン開発、(7)空気中のウイルスへの対処。(6)が無ければ、いつまでもCOVID-19は人類を滅ぼす脅威のまま存在する。一方、(8)ワクチンに対してCOVID-19が変異する可能性。これらから、(9)(7)の空間対策が必要。

青色発光ダイオードが発明されて、全ての色をLEDで出せるようになった。また、LEDは低い電力で高い照度を出せる。光、あるいは紫外線の波長が精密に得られている。それで、ウイルス対策について、20世紀までの感覚あるいは経験則とは異なったアプローチが可能になる。

既存のOAグラスの紫外線の遮光能力を参考に、防塵メガネの形状にして、量産見通しがあれば一つ7000円(63ドル)くらい。肌の紫外線対策は、夏の屋外を参考にして。これだと、紫外線による対策費は国民一人あたり1〜2万円(91〜182ドル)くらいだと思う。


(C) Copyright 2020 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187317681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝