あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2017年03月18日

スタティック・フローとダイナミック・フロー。数に普遍性がある場合。

タイム・スケールの長いコンテキストは
「スタティック・フロー(静的な流れ)」で、
生命による活動力は「ダイナミック・フロー(動的な流れ)」。
この差から「有効な変化」を得る方法を考える。

数には普遍性が存在する。

いま読んでいる、一般の書店で購入できた数学の本でも、
ガウスのcongruence(合同)で「火曜日」の説明のため、
テーマの共有の方法として、
ユリウス暦の始まりである紀元前4713年1月1日の話題が出てきている。
(参考:「ゼロから無限へ」 コンスタンス・レイド著)

これは、「数を表で現わす」方法の一つである。
つまり、「数の分布は数学の対象である」例の一つである。
「現わす」と書いたのは「手法(+−*/)」が可能だからである。
また、ガウスはそのための記号を新たに創った。

タイム・スケールについて、数の分布が存在する。
なぜなら、数学の存在は否定されていない。

よって、テーマの「有効な変化」への手法は少なくとも一つ存在する。
それは数である。


(C) Copyright 2017 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179128973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝