あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年06月24日

[ガラス玉遊戯]生命力に見られる生成と衰退の流れを世界モデルに関係させる。

[展開]

以下の記事について例証を獲得する。
“評価可能であるゆえ予見性の能力の活性である変化の形式の獲得。”
http://blog.potential-performers.com/article/175711384.html


[概観]

no1886gbg7.jpg
fig7

no1886gbg8.jpg
fig8

no1886gbg9.jpg
fig9


[文化的資産の活用]

縁 pratyaya

仏教ではあらゆる存在に固定的実体を認めず、
諸条件の寄せ集まったものと考えるが、
その因果関係において、
因を助成する間接的原因を縁という。

−ブリタニカ国際百科事典−


[第一図式法の使用]

象徴:波紋。
<- 機能:世界モデルと相互作用する生成の流れの因子。
文化的資産:縁。
-> 反省的判断:反対に、世界モデルは完成度が高いほど静的になる。

原理:因果関係。
<- 試行:生命力(存在する作用)への世界の反応。
変化:生成力における変化からの乖離。
-> 人の能力:反動として生じる、自然生起の生得の自覚。

存在:麻痺への活性。
<- 恵み:生成因としての自己存在。
現われ:生成の流れの例証。
-> 対象の可能:覚醒は潜在領域の例証。


※第一図式法

scheme_method.gif


[差異による超越性の獲得]

基本的欲求が充足されると、人は虚無感を感じる。

自然界が織り成す生成と衰退の流れに対して、
経験における生命力の行使を見失うためと考ええる。

反対に、基本的欲求が満たされる世界には、
経験への世界モデルが存在している。

その世界モデルも
自然界が織り成す生成と衰退の流れのなかに存在している。
ゆえに、
その生成と衰退の流れを世界モデルに関係させえる。

例えば、電気ケトルについて考えてみる。
なぜ一定の温度のお湯を最適と考えるのだろう?

生命力である心身の状態は一秒ごとに違うのに。

生命力であるあなたの心身は世界に反映されているだろうか?



図式:1873


その作用は潜在的領域を活性化しますか?

因果律は何ですか?



(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175810431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝