あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年06月01日

[作用技芸]情報と収束・循環・拡散の傾向。能力への整合性として。

[概観]

非公開。


[図式]

非公開。


[解説]

基本的欲求が満足することにより、
静止した世界が現われているように感じられる。

しかし、自然の変化においても、
人間が獲得してきた法則群においても、
静止のみで定義する系には活用が無い。

通常、系は収束・循環・拡散の傾向を持つ。

先行性は超越性であり、上述の例によるなら、
超越性の能力は収束・循環・拡散の性質で現われる。

また、収束・循環・拡散など、
系の性質は情報の性質と整合性を有する。
それは変化の現実化の過程を予測させる。

ゆえに現代は超越性の時代である。
静止しているように信じるなら、危機を含意する。


図式:1874


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作用技芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175524983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝