あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年01月27日

生きた人間のプロセスとして、現場で技法を用いる。

浜離宮恩賜庭園にうかがった。

ショックだった。
以前は「動的な記号群」が見えていたのに、
今日は静かな庭園だけが見えた。

私の技法は進歩している。
つまり、しばらくの間、
フィールド・ワークが少なすぎたのだ。
病が理由でもあったけれど。

一方、技法は現場に活かされることで、
はじめて本来の意味を現わすことが、最近、
強く意識された。

生きた人間のプロセスなのだ。

160127・日本テレビ・タリーズ.JPG
汐留のタリーズにて。
とても美味しいことにあらためて気づいた。

最近、ブログの更新をあまりしていない。
しかし、活動量は減っていない。

非公開に
意味が生まれるようになってきたからだ。

無償の公開を18年行ない、
現在のステージを得た。


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・連絡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172881442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝