あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年01月24日

ガラス玉遊戯について、新しい技法。

深層意識の働きに促されたのか、
小説ガラス玉遊戯を再び読み直し始めた。

最初の数ページを読んだ時に、
突然、
ガラス玉遊戯の新しい方法が思い浮かんだ。

それは、これまでに得られていた技法の
新しい用い方であるけれど、簡潔で力強い。

これに気づいていたら、
作用技芸を獲得する前に成果が見込まれて、
動機が落ち着いていたかもしれない。

20160124newstep.jpg

ドイツ駐日大使のいる席で、
恩師井手賁夫がハンバーグを半分食べた後、
もう半分のハンバーグを私が食べるよう促した事を
思い出す。

その時のドイツ駐日大使の温かいまなざしと。

時は進み、世界は変化していく。


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172668489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝