あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年01月08日

進行する相への反応を現象に見い出す自己実在。

[概観]

no1814ability.jpg


[具体化]

原因と結果 cause and effect

生起を含めてなんらかの変化が事象に現れる場合、
当の変化の根拠とみなされるものを原因、
変化した相を結果と呼ぶ。
変化を引起す主体も、
その主体の働きもともに原因と呼びうる。
ほとんどの場合は当の現象を解釈する思惟の働きに
よって定立される。

−ブリタニカ国際百科事典−

象徴:脳。
<- 機能:相の移行。
文化的資産:原因と結果。
-> 反省的判断:予兆的自覚。

原理:活性整合性。
<- 試行:相の領域への覚醒。
変化:内因性生起への要求。
-> 人の能力:反応する世界の実証。

存在:自己と変化の相互の反応。
<- 恵み:潜在的領域の活性。
現われ:先行する自己の反応。
-> 対象の可能:衝動である変化。


※第一図式法

scheme_method.gif


[自由の例証]

優位:

変化は相において起きると考える時、
現象と意識は共に相に反応していると考えられる。
この時、
自己の内因は世界に対して先行である。

素質:

主観的な思考は生存への肯定であるが、
相を介して対応する変化は覚醒されえる。
生命も宇宙と同様に存在自体に基づく。

内報:

法則的解明への直感は内因を要求する。
自発的生起の機会として人間は存在しており、
進行する相への反応である。


図式:1814


確定されない原理は、しかし行使されえる。
試みの過程である自己は、しかし世界の起点である。
あなたはその人だ。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力(技芸)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171485680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝