あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年12月17日

自然の生成力と先行的構想力に整合性が現われる時空的能力について。

[概観]

no1805force.jpg


[節理の例示]

位相運動 phase-movement

社会体系が維持されるための機能的要件は、
適応、目標達成、統合、潜在的パターンの
維持と緊張処理の四つである。
そしてこれらは四次元空間とみなされる
「行為空間」を構成し、社会的行為は
時間の経過とともに四次元のいずれかで
優勢を示す。その極大値が各位相の特性とされ、
しかもこの位相は周期的に順次変化していく。
この変化のことを位相運動という。

−ブリタニカ国際百科事典−


[何が起こっているか?]

自然の生起と人間の活動の整合性が現われる
時間と空間が存在する。
人間はその時空を獲得することを望み、活動するので、
現われる形象は人格的形式を有する。
その人格的形式は社会的形式と共通性を有する。

構想力は構成力と因果関係を持つようになる。
生起のポテンシャルは虚の領域の人格性に現われえる。


[何が解決されていないか?]

自然の生成力は未来に向かって進行するが、
人間は過去から現在までの成果に模範を求める傾向がある。

形式から形式に至るのにも形式があるという見地からは、
模範もまた原理的探求ではある。
しかし、未来への試行は人格的形式に現われる。

自然の生成力との整合性を現わす活動は有効である。


図式:1805

この記事は図式1804と関係している。
“関数の機能を持つ記号の発展が進行する世界において。”
http://blog.potential-performers.com/article/169928871.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 19:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 効力(技芸)
この記事へのコメント
紹介


日蓮正宗

全生庵

言霊百神
Posted by コトタマ at 2015年12月22日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170092179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝