あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年12月10日

生得的時空の進展が超越的に獲得する世界の更新の像。

[概観]

no1803ability.jpg


[参考]

時空世界 world of space and time

物理現象はその発生の時刻および空間的位置を
指定することにより記述されるが、
これは一次元の時間座標と三次元の空間座標とをもつ
四次元空間中の一点を指定することと同等である。

−ブリタニカ国際百科事典−


[図式法の創出]

人間は世界を法則的に把握する進行を続ける。
それゆえ、「世界は更新される」イメージを持つ。

法則が発見される前にも、
人間は人間の世界の更新の期待に反応する。
反省的な先行である。

反省的な先行について、
人間は主観的妥当性にかなう活動様態を獲得する。

その活動様態は現象世界により肯定されることがある。
時空など、生得の形式の活用法の一つである。

※「反省」を「特殊から普遍をとらえる」意味で用いている。


この現われを得るため、図式法を創出する。
( )のなかを書き込むと、作用が感じられるだろう。

生起の直観の受容状態。:( )
<- 世界への構成力の適用。:( )
因果律獲得の様態。:( )
-> 世界が反映される主観的妥当性。:( )

時空能力による自立的探索の様態。:( )
<- 生起的因果律の様態。:( )
世界の更新の様態。:( )
-> 人間の生得の形式の肯定。:( )

活性状態にある精神の視界。:( )
<- 世界への自発的更新。:( )
時空における生起。:( )
-> 世界の反省。:( )


各項目の相互の関係はガラス玉遊戯の第一図式法と
同じである。
特に効果は各セットの右上に現われる。

※第一図式法

scheme_method.gif

今回の特徴は以下である。

「先行的世界」を考える時、
「人間の生得の能力の世界への適用」が再獲得される。

新たな法則の発見は人間に新たな世界の地平線を現わす。
これを「世界の生起」の現われとしてとらえる時、
「人間の生得の能力の使用の再獲得」は
常に更新されえることが想起される。

人間は自らの基本的欲求に意識を主導されがちだが、
生得的時空の進展はその主導を超越している。


七つの力のうち、
この記事には覚醒の力が用いられた。

七つの力は、
視点、予見、覚醒、先行、生起、展開、流転。


この記事は以下の記事に用いられた図式を元に書かれた。
“現象世界の諸事物の起源を自己に感じる活動の時代。
 反省的現象の発展。”
http://blog.potential-performers.com/article/169582210.html


図式:1803


私のこれまでの記事には、
こうした発展的応用の素材が内在されている。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あなたの七つの力
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169640838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝