あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年10月31日

先行性を現わす自然界の生成力と人間の構成力との整合性。

[概観]

no1799ability.jpg


[参考]

オートマティスム Automatism

自動記述法。あらゆる美的、道徳的先入観から離れて、
自由に意識下の思想感情に芸術的表現を与えようとする詩、
美術の方法。
一切の非理性的状態におけるイメージの生起を重視した。

−ブリタニカ国際百科辞典−


[図式法の創出]

宇宙の現象は生起している。
人間も現象として生起している。

これらから、
現象世界における変動が先行して意識されると仮定すると、
兆しへの反応が真であることが、
その仮定への肯定であることが分かる。

先行性は人間の文化的実践性である。
また、実際の諸現象の本質に人間を覚醒させることがある。


この現われを得るため、図式法を創出する。
( )のなかを書き込むと、作用が感じられるだろう。

先行する反応:( )
<- 機能する兆し:( )
無意識の変動の機会:( )
-> 生得である世界の変動性:( )

潜在する反応:( )
<- 覚醒の性質の例示:( )
形式の反省による存在界:( )
-> 顕現の機会である活動:( )

生起する意味:( )
<- 構想の進行:( )
世界への人間性の反映:( )
-> 形式の真:( )


各項目の相互の関係はガラス玉遊戯の第一図式法と
同じである。
特に効果は各セットの右上に現われる。

※第一図式法

scheme_method.gif

今回の特徴は以下である。

自然界の生成力と人間の構成力との整合性が
現象の実態をともなわずに感じられることがある。

今回、その感受性をシステム化しえる例が示された。
つまり、人間と現象世界の関係も一つのシステムであるので、
物事を構成する性質は経験に先行して現われえる、
ということである。

もちろん、先行が現象によって肯定されると、
精神的快感が生じる。

精神的快感は文化を牽引する。


七つの力のうち、
この記事には展開の力が用いられた。

七つの力は、
視点、予見、覚醒、先行、生起、展開、流転。


この記事は以下の記事に用いられた図式を元に書かれた。
“人間の存在を現象における起点として再獲得することによる、
 意味と現象の同期。”
http://blog.potential-performers.com/article/166433856.html


図式:1799


私のこれまでの記事には、
こうした発展的応用の素材が内在されている。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あなたの七つの力
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166848065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝