あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年10月21日

更新の発現としてのガラス玉遊戯。

ガラス玉遊戯は理性領域の芸術である。

その図式法は理性概念(超越的概念)と現象世界の
相互関係を現わすものでもある。
ある個人の能力も図式法のどこかに現われる。

それゆえ、図式法の使用では、
常に世界を更新するように働く理性概念において、
個人を起点とする世界の更新と、
人々が相互に補完しあう活動の関係が現われる。

※第一図式法 クリックで拡大されます。

scheme_method.gif

人間は不明瞭に混乱する現象世界に、
原理的な解を得ようとする。
それは一般に「気づき」や「覚醒」と呼ばれる。

個人の「気づき」や「覚醒」が、
現象している人間の世界の更新に役立つ。
第一図式法の知的財産の使用はオープンにしている。

※知的財産の使用がオープンのページ。
http://glass-bead-game.potential-performers.com/g-zusikihou.html

その個人の実在は、
まさにその個人に固有のものであるから、
その更新の事実はその個人から分離できない。
そうでありながら、
個人と個人が固有の可能性を活かしあう関係が
現実に得られる。

ガラス玉遊戯は本来は理性概念を可能性群で現わし、
扱う芸術であった。
しかし、その図式法と現象世界の関係は、
個人の創意工夫が集合的発展に反映される
具体的な過程を現わすものである。

「あなたの実在は侵しがたい世界の更新だ」。

そのことを図式法は告げている。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166162939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝