あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年10月18日

自然の生起と人間の実践性の生起には整合性が存在しえる。その優位。

[概観]

no1798mapping.jpg


[何が導きか?]

自然における生起自体は形式と無形式の両方で把握される。
人間の実践も同様に生起しえることは、
例えば仏教徒によって、すでに長期間実践されている。


[あなたの力のためのマッピング]

「意味」は現象世界の体系的な把握である。
既存の「意味」が通用しなくなった時も、
新たな意味が人間の実践性において生起する。

すなわち、「意味」が存在すること自体は無くならない。

人間が用いる形式がいつも現象世界に先行するとは限らない。
けれども、生起する現象には形式がいつも存在する。

つまり、現象の性質と実践の性質の「整合性」は
「時による制限」を受けずに存在する。
それは、人間の実践性は肯定されて存在することを
「意味」する。

人間が通常用いる「意味」には制限が存在するが、
人間が存在する世界に生起する「意味」の部分である。

部分が常に実在することは、
実践について人間が自らの実在と世界を信頼して良いことを
意味している。

このように、「未定の意味」は実践される。
「整合性」は時の制約を超越して存在している。
それは人間の生きる世界である。


図式:1798

この記事は図式1797と関係している。
“人類の尊厳の経験化である、真実との整合性である相の先行。”
http://blog.potential-performers.com/article/165377325.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165957046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝