あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2017年03月16日

天体の理念。ある道具からある道具へ。

「現在」という語を
「現象界に実在するための技術を含む」と読み替えてみる。
私は特に問題を感じない。

縄文時代の人々は、土器(道具)に縄(道具)で模様を現わした。
現在と同様、彼ら(彼女ら)にも夜があり、夜には星々が輝いていた。
それらを関連づけてしまうのは、私の好奇心の傾向とは思うけれど、
他にも関心を持つ人々はおられた。

食事しよう。食器は土器であるかどうかはともかく。


(C) Copyright 2017 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝