あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年12月20日

[ガラス玉遊戯]系としての自己の時間と空間と意味への適用。快が生じる。

[文化的資産の活用]

進化

進化という言葉そのものは、たとえば宇宙の進化というように、
生命現象以外にもしばしばつかわれる。

−マイクロソフト・エンカルタ−


[概観]

no1934effect6-2.jpg
fig.6-2


[第一図式法の使用]

象徴:球の消失と発生。
<- 機能:作用への時間と空間と意味の獲得。
現実:進化。
-> 反省的判断:異なった観点に応じる、構成能力への覚醒。

原理:構想力における先行する性質。
<- 試行:反応の性質において顕現する世界。
変化:生命と存在の相補。
-> 人の能力:間接的起因としての技術。

存在:非連続ではない現象世界。
<- 恵み:反応系としての自己。
現われ:世界。
-> 対象の可能:過程。

※第一図式法

scheme_method.gif


[解釈の例]

人工の事物でも自然の事物でも、
時間と空間の過程において生じる。

構想力の先行は意味の発生を誘導する。

現象世界の連関に応じ、
人は意味の世界に連関の適用を求める。

事物に関し、
意味への連関の適用の欲求に、
時間と空間による認識力の更新が反応すると、
自己は系として自覚される。

系として自覚される自己は快である。


図式:1934


その作用は潜在的領域を活性化しますか?

因果律は何ですか?


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝