あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年08月23日

[ガラス玉遊戯]生命に似た進行の兆し。理性概念への反応に灯っている潜在的活性。

[展開]

以下の記事について例証を獲得する。
“[ガラス玉遊戯]霊性と、反応性の諸因子の相乗の、整合性。”
http://blog.potential-performers.com/article/176518995.html


[概観]

no1914gbg7.jpg
fig7

no1914gbg8.jpg
fig8

no1914gbg9.jpg
fig9


[文化的資産の活用]

象徴人類学 symbolic anthropology

文化を意味・伝達の体系としてとらえ、
人間を人間たらしめる言語活動と象徴的思考を分析する人類学の一分野。

−ブリタニカ国際百科事典−


[第一図式法の使用]

象徴:兆し。
<- 機能:生起の因子。
文化的資産:象徴人類学。
-> 反省的判断:自由の理性概念に反応する体系。

原理:生命的な変化。
<- 試行:潜在的な体系の反映。
変化:生命力と生起作用の呼応。
-> 人の能力:理性概念の進行である活動。

存在:普遍性における人間性。
<- 恵み:進行性の関係性。
現われ:諸形式への反省的判断。
-> 対象の可能:潜在性への自覚。


※第一図式法

scheme_method.gif


[差異による超越性の獲得]

無意識に上位の原因に反応する性質を持つ人間が成す事物は、
潜在的に理性概念の進行の性質を生じている。

潜在的な事物は経験の対象として存在するので、
人間が現わしえる体系は生命の衝動に似ている。

これらから、人間の精神性は様々な事物を生起の因子に還元できる。
一方の極に至った振り子がベクトルを反転させるように、
事物の進行は関係性を拡大していくことは、生起の因子の活性である。

変転する万物における定型のシステムは、一見衰退するように見える。
しかし仮に衰退であっても、生起への関係性を現出している。

その記述ないし顕現の様式を人間は現わすことができる。
進行の兆しは生命に似ているから。



図式:1914


その作用は潜在的領域を活性化しますか?

因果律は何ですか?



(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝