あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年05月17日

[作用技芸]反応の因子は先立って変化する。

[概観]

非公開。


[図式]

非公開。


[解説]

精神の変化が現象世界の変化と調和するのは、
時代に主導的な思考力が構成力を欲するから。

潜在領域は活性化して、
生命力を具現しようとする。

予兆は位相し、
原形を模索する。

夜明けは暗く、しかし明るさでもある。
先立って変化する反応の因子が作用する。


図式:1864


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作用技芸
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝