あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年04月28日

[ガラス玉遊戯]超越性としての補完性、あるいは自然界のバランスの能力。

[概観]

no1856gbg.jpg


[文化的資産]

意識

広義には、われわれの経験または心理的現象の総体をさす。
意識は単に観念の集まりではなく、一つの流れであり、
その状態には明瞭な焦点と明瞭でない辺縁部とが区別される。

−ブリタニカ国際百科事典−


[第一図式法の使用]

象徴:花。
<- 機能:存在への補完的構成力。
文化的資産:意識。
-> 反省的判断:存在自体の特殊な現われ。

原理:世界の自己補完性。
<- 試行:活動の動的性質により意識を存在に開く。
変化:起源の反省。
-> 人の能力:覚醒における特殊性と普遍性。

存在:変化の発生。
<- 恵み:自然の事物による覚醒。
現われ:差異。
-> 対象の可能:自己存在は存在自体と起源が同じ。


※第一図式法

scheme_method.gif


[顕現する作用の性質]

自然には時間的空間的な差異が生じるが、
人間を超えた働きで差異は補完されていく。

人間もまた進歩としての差異を生み出す。
一方、それを補完する事物はあまり意識されない。

人間は自己と世界の一致に超越性を感じる。
一方、その超越性は意識にとって潜在的な領域に現われやすい。

人間は限定的な優越性にとらわれやすい。
人間が自然界を起源とする存在者であるにも関わらず。



この図式では、
以下の記事における図式の継続を扱った。
“[ガラス玉遊戯]反応系としての自己存在は現象世界による
 導きを現わす。”
http://blog.potential-performers.com/article/175036943.html


図式:1856


あなたは、
あなたのなかの作用の始まりを感じていますか?


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.

2016年04月27日

[作用技芸]遍在する覚醒の形式。人に存在する起因。

[概観]

非公開。


[図式]

非公開。


[解説]

効果を現わす思考の形式は、
法則によってのみ現象になるのではない。

人それぞれに存在する起因の相互作用が
変化の起因を活性化することによってもそれは現実化する。

さまざまな生物のネットワークは大きな意味での命である。
人々のネットワークは大きな意味での覚醒である。

覚醒は個人においてのみ進行するのではない。
その覚醒の形式は潜在的に現象に先行する。


図式:1855


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作用技芸

2016年04月26日

非公開の技法。自発性によって共存共栄を現わす人々。

生存可能性を高めるために、
私達は現象世界での生存の領域を創造性で拡大する。

拡大する生存領域について、
自発性で共存共栄の可能性を示す人々と、
攻撃性で主導権を試みる人々がいる。

創造性と現象世界の関係をさらに具体化していく。

生きるために技法を進展させる日々が、
生きることがもたらす人間の可能性の自覚に変化していく。
それが生きることへの愛しさを増す日々に変わった。

4歳までに曾祖父母に動機づけられた私の素質が、
22歳で私にガラス玉遊戯の現実化を目標にさせた。
挑戦の過程で、生きる必要はもう一つの技法を生んだ。

生存と共存共栄を進めていきたい。


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録

2016年04月25日

[ガラス玉遊戯]反応系としての自己存在は現象世界による導きを現わす。

[概観]

no1853gbg.jpg


[文化的資産]

対自 für sich

自己に対して自覚的に、の意。

−ブリタニカ国際百科事典−


[第一図式法の使用]

象徴:霊性。
<- 機能:可能性の探査。
文化的資産:対自。
-> 反省的判断:導きに応じる。

原理:反応系の先行性。
<- 試行:先行性の反射。
変化:導く事物。
-> 人の能力:変化の俯瞰。

存在:潜在領域。
<- 恵み:内外のモデルの整合性。
現われ:連環。
-> 対象の可能:反応系としての自己存在。


※第一図式法

scheme_method.gif


[顕現する記号の性質]

実践可能性は自己の内外の整合性を現わす。
言い換えると、反応系としての自己は、
何らかの整合性において現象世界に再発見される。

行為の可能性は身体に制約されない。
それは法則性や客観性(道具など)を活用する実践性に現われる。
ゆえに意識や思考にも因果関係は現われる。

因果関係について、
現象世界は行為や法則や道具を区別していない。
区別は人間による。

ゆえに反応系としての自己存在は
可能性の探査の先行性である。
現象世界はその探査に何らかの反応を返す、導きである。



図式:1853


あなたは、
あなたのなかの記号を感じていますか?


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.

2016年04月24日

精神に生じた未定の生成の要因。ガラス玉遊戯による活性化。

基本的欲求のための生産力は多くの国々で獲得されている。
世界の英知はインターネットにより多くの人々に獲得されている。

活性化。

変動への未定の要因は人々の精神に生じている。
未定の要因が現象世界に反映される活性化を人々は求めている。

ガラス玉遊戯。

方法はすでに存在している。
現在の自発者の活動の拡張として展開されるべきだ。


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝