あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年03月10日

[ガラス玉遊戯]覚醒していく世界の主体としての自己。共有される世界の記述。

[概観]

no1833gbg.jpg


[文化的資産]

形式主義

一定の学問、特に数学や論理学において
真理の性格についていわれる形式主義は、
当の真理が実在との関係ではなく記号の約束事
もしくは定義のみによっているとする理論。

−ブリタニカ国際百科事典−


[第一図式法の使用]

象徴:神のスペル。
<- 機能:諸事物を真の世界の記述とする整合性。
文化的資産:形式主義。
-> 反省的判断:特殊性と、背後の存在自体への、二つの活動。

原理:世界は自己の変化の過程。
<- 試行:経験は世界の構成過程。
変化:記述が生起の過程と見なされる。
-> 人の能力:事物が世界自体の生起の特殊性と見なされる。

存在:認識は変化の幅であり、総体へのベクトル。
<- 恵み:覚醒への自己の更新。
現われ:変動の経過としての自己存在。
-> 対象の可能:発展の部分存在として自己を把握。


※第一図式法

scheme_method.gif


[顕現する記号の性質]

現象世界における個々の事物は
特殊性として存在している。
しかし、特殊性の認識は、
普遍的な真の世界への自己の更新の幅である。

自己の更新の幅を、「世界の部分」と例えると、
自己存在が真の世界の過程であることが認識される。

自己の実在において、何かを認識することは、
世界の進展の過程である。

自己の認識活動の量に応じて、世界は覚醒する。
個人におけるこの変化は、共有される世界の現出である。



この図式では、以下の記事における図式のテーマを、
別の視点から扱った。
“[ガラス玉遊戯]存在自体を肯定する要素としての、変化の性質。”
http://blog.potential-performers.com/article/174406072.html


図式:1833


あなたは、
あなたのなかの記号を感じていますか?


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝