あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年02月02日

ガラス玉遊戯の顕現と、作用技芸の獲得。

ガラス玉遊戯は人類にとっての課題であった。
ガラス玉遊戯が適切になされる方法の模索には、
意味があった。

ガラス玉遊戯の現実を示したことで、
作用技芸の獲得への進展が私にうながされた。
それは現実による問いかけだった。

現実の進歩について、
変化を理解する人々が方針を明らかにした。

いま、かつての反復行為を行なうなら、
それは現実の誤認である。

2014111317010000.jpg


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.

posted by “響” at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝