あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年02月23日

大きな関係性と自己の調整。

大きな関係性のなかで生存が可能になっている。
また、日本は大きな関係性が生じえる国でもある。

これまでの取り組みが正しかったことが理解される。

160223東御苑04.JPG

小さな関係性のなかで世界像が偽られることがある。

生存条件は正しい認識と自己の調整。
自然の節理は作用する。


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・連絡

[ガラス玉遊戯]恩恵としての補完を現わす時空の性質。

[概観]

no1826.jpg


[文化的資産]

意志 will

一般には人間精神のいわゆる三活動、
知性、感情、意志(知情意という)の一つ。
欲求や衝動などとともに広義の動機に含まれる。

−ブリタニカ国際百科事典−


[第一図式法の使用]

象徴:動機化される世界。
<- 機能:成就の補完の性質。
文化的資産:意志。
-> 反省的判断:人間の行動の顕現に関する時空形成。

原理:精神の構成の自由。
<- 試行:現象世界に転写される実践性。
変化:現象世界の解釈変更。
-> 人の能力:変化の解釈変更。

存在:反省的顕現。
<- 恵み:人間性としての現象世界。
現われ:可変的内容としての意味。
-> 対象の可能:結果として、目的の構成。


※第一図式法

scheme_method.gif


[顕現する記号の性質]

現象世界の事物は、
時間における変化を補完する技術や技法により、
人間の欲求を充足させる目的を現わす。

記号の能力において、
人格の性質は現象世界の物事に見出される。
それゆえ、
現象世界自体が人間の活動の実りと判断される。

記号の能力において、
この時空の性質は覚醒されえる。



図式:1826


あなたは、
あなたのなかの記号を感じていますか?


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.

2016年02月22日

記号能力者

時間と空間の経過を記号は現わす。
記号の能力がある者は
時間と空間の可能性で世界に影響力を現わす。

記号は「こと(事)」。
日本人は「こと」を普遍化する徳性を有する。

世界に普遍性を適用して、
「こと(記号)」を現わす特徴を有する。

未来を構成する能力だ。


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録

ガラス玉遊戯、作用技芸、自然な様相、それぞれのためのガラス玉の扱い方。

ガラス玉遊戯のためのガラス玉の扱い方。
第一期の例。

no1822gbgFirst.jpg


ガラス玉遊戯のためのガラス玉の扱い方。
第二期の例。
三段階だった。

no1823gbgSecondFig1.jpg
Fig.1

no1823gbgSecondFig2.jpg
Fig.2

no1823gbgSecondFig3.jpg
Fig.3


作用技芸のためのガラス玉の扱い方。
例。

no1824effect.jpg


ガラス玉遊戯と作用技芸の両方に用いることができる
ガラス玉の扱い方。
例。
第一期のガラス玉遊戯のためのガラス玉の扱い方もまた
この扱い方においてそのまま成立する。

no1825natural.jpg


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録

2016年02月20日

[ガラス玉遊戯]自然に獲得された超越性に関する記号的能力

子供向けのネットゲームで、
その子供達が創るブログ記事に
ガラス玉遊戯と共通の要素が
いくつか現われているのに気づき、
そのゲームを9年近く続けている。

ポイントは、
当時十代だった子供達が、
いま二十代であることだ。

彼らは超越性に関する記号的能力を
有しているはずだ。

ところで、昔獲得したアイテムを見て、
昔の方が商業主義が薄かったことに気づいた。
利益を上げられず、
途中で会社がかわったのだけど。

しかし、これも節理。


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝