あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2016年01月23日

ガラス玉遊戯と作用技芸

世界の人々が愛した詩人である
ヘルマン・ヘッセが概念を構想したガラス玉遊戯を、
私は世界の変化の機会の一つにしたい。

私自身の苦難の経験を起因として生まれた作用技芸を、
私は一人の日本人として、
日本が変化していく機会の一つにしたい。


16010102.JPG
写真と記事に直接の関係はありません。


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録

ガラス玉遊戯について、超越性をうながしあう相互作用の共同。

ヘルマン・ヘッセは、
人類の全ての文化的資産の境界が超越されることで
世界が更新されていく、ガラス玉遊戯を提案した。

その主である可能の根拠は
合目的性により理性概念(超越的概念)の振る舞いが
現象世界で確認されることである。

一方、
人類は精神が自然において確認され
自然が精神において確認される、
その双方の方法を現実化してきた。

さらに、
ITにより思考と現象が相互に顕現されていく現在、
世界は知性化していく。

この三点は相乗効果を現わす。
合法則性と合目的性により。
西洋の英知と東洋の英知により。

ガラス玉遊戯は現在を未来へと推進していく
現実化された自覚的な活動方法である。
また、未来の視点から現在に覚醒する過程である。

私は世界の求道者達に、
ガラス玉遊戯への参加を呼びかけていく。

人類の未来に貢献する超越性の相互作用が、
発展していく人類の世界における参加者達に、
先行の利得を現実化することを目指し。

メーリングリストへの参加者を募集する。
メールアドレスを知らせてほしい。
spieler@potential-performers.com


(C) Copyright 2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝