あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年12月06日

高次に獲得した理性概念の実践に反応する世界。調和的変化。

[概観]

no1801force.jpg


[参考]

論理哲学論考 Tractatus Logico-Philosophicus

(1)言語はその論理形式を共有する限りにおいて
事実(世界)の映像であり、それを語るのではなく
示すことができるだけである。
(2)有意味な命題は要素命題の真理関数であり、
したがっていかなる命題も他の命題からは演繹されない
トートロジーである。

−ブリタニカ国際百科事典−


[図式法の創出]

自然な人間の活動は、
真に現象している世界に比べると低い次元で観察される。

しかしその活動は、
まぎれもなく現象世界の要素である。

人間存在と現象世界との調和を説明する実践は、
更新される世界を先取りする在り方である。
ゆえに、それは発展の内容の先行である。


この現われを得るため、図式法を創出する。
( )のなかを書き込むと、作用が感じられるだろう。

反省的存在としての覚醒。:( )
<- 真の世界における実在の意味。:( )
不足あるいは欠落。:( )
-> 無限の変化と生成を現わす世界の表現。:( )

現象世界の調和的反応。:( )
<- 諸反応に見い出される生存の機会。:( )
観察される高次理性概念。:( )
-> 現象世界からの実践への要請。:( )

世界に反映する意味。:( )
<- 自己と世界に共通する現象。:( )
世界を肯定する利益。:( )
-> 現象世界に見られる人格的性質。:( )


各項目の相互の関係はガラス玉遊戯の第一図式法と
同じである。
特に効果は各セットの右上に現われる。

※第一図式法

scheme_method.gif

今回の特徴は以下である。

現象において、
自覚される自己存在と真の世界は
限定的に確認される。

しかしそれは言い換えれば、
無限に変化と生成を続けていく真の世界において
人間は人間の世界を更新し続けることを意味する。

現象世界の変化に人間は応じる。
しかし、
現象世界も人間が高次に獲得した活動に応じる。


七つの力のうち、
この記事には展開の力が用いられた。

七つの力は、
視点、予見、覚醒、先行、生起、展開、流転。


この記事は以下の記事に用いられた図式を元に書かれた。
“世界の高次元の移行を自己の反応の性質により現実化する。”
http://blog.potential-performers.com/article/169312079.html


図式:1801


私のこれまでの記事には、
こうした発展的応用の素材が内在されている。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | あなたの七つの力
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝