あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年12月31日

未定義の領域へのアクセスは生じている。存在ゆえの先行。

[概観]

no1812mapping.jpg


[何が導きか?]

言語は精神と現象の双方への反省の性質の現われであり、
その構造体である。

この構造体の存在自体が、
定義されていない領域への直感の原型であり、
人間の行動が未定義の領域への反応であることと
整合性を現わしている。

試行が実用的霊性である理由の一つとして理解される。


[あなたの力のためのマッピング]

思考力は現象世界の獲得方法であるが、
人間として存在していることへの反応でもある。

言語ないし記号は精神と現象の双方への反応の実体だが、
その構造的経験を活かして、
人間は現象世界の事物を予兆の獲得に用いる。
また、人間の活動は予兆の結果を含意していることがある。

事物は存在の特殊性である。
存在は精神と現象の双方に反応している。
人間は存在の一つの様態である。

記号ないし予兆としての事物の構成を、
活動における霊性に反応することに活かしながら、
人間は存在している。

人間の活動は霊的な先行を含む。
未定義の領域へのアクセスは常に生じている。


図式:1812

この記事は図式1805と関係している。
“自然の生成力と先行的構想力に整合性が現われる
 時空的能力について。”
http://blog.potential-performers.com/article/170092179.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)

2015年12月29日

起点について、世界と自己の対話形式は原則とされている。

テクノロジーの発達において、
人類は知性化現象世界の現実化を選択している。

一方、知性化現象世界において、
変化の起点は事物の擬人化において同意される。
なぜなら、
「世界は自己に見出される」ことへの衝動があるからだ。

世界は自己を起点とし、
自己は世界を起点とする。
それは原則として前提されている。

それはテクノロジーの発展の経路でもある。

no1811note.jpg


図式:1811


参考:“先立って気づく脳”
http://blog.potential-performers.com/article/102754417.html


もしあなたの知人がこの記事を喜ぶなら、
それはあなたの進展の可能性の一つです。
なぜなら、進展は人間の能力の相乗作用だからです。
発信あるいはリンクを。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2015年12月28日

現象世界と心理の双方による制限を回避しながら、進化を現わす。

生存の継続を試みると、
現象世界は有形を現わす。

ゆえに、
心により生まれる有形にとらわれてはならない。
双方による制限が生じるからだ。

とらわれない進化が求められる。

no1810sonsi.jpg


参考:孫子の兵法、九変編1。

参考2:“超越性への図式法”
http://glass-bead-game.potential-performers.com/g-zusikihou.html


図式:1810


もしあなたの知人がこの記事を喜ぶなら、
それはあなたの進展の可能性の一つです。
なぜなら、進展は人間の能力の相乗作用だからです。
発信あるいはリンクをどうぞ。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡易実践

2015年12月27日

世界の肯定により成り立つ予兆生起の領域。超越性について同意する。

先行する人格像として、
世界への肯定を扱う手段が存在するとする。

その手段は「予兆」の影響力を得る。

世界への肯定を過程として、
人格的成果が未来に仮定されるからだ。

予兆とは、
人格の性質で現われる超越性のことだ。

その同意への魅力は去りがたい。

no1809notefig1.jpg
fig.1

no1809notefig2.jpg
fig.2


図式:1809


参考:“先立って気づく脳”
http://blog.potential-performers.com/article/102754417.html


もしあなたの知人がこの記事を喜ぶなら、
それはあなたの進展の可能性の一つです。
なぜなら、進展は人間の能力の相乗作用だからです。
発信あるいはリンクを。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2015年12月26日

予兆的整合性への反応。能力として。文化顕現として。

[概観]

no1808seven.jpg


[参考]

真 truth

アリストテレス・トミズムにおいては
真理は判断と対象が適合することと規定され、
真理の基準として判断相互間の整合性をとる立場、
すなわち整合説が出てくる。

−ブリタニカ国際百科事典−


[図式法の創出]

現象世界と思考力の整合性は生得の能力である。
また、人間は変化する世界の実在者である。

対象である様々な事物について、
予兆的に「次の状態」が仮定される。
それは概念で包括されることもあり、
否定による反射的反応が現われることもある。

しかし、「真」が人間の生存の世界を支えている。
成就を意味する変化への解が前提されている。


この現われを得るため、図式法を創出する。
( )のなかを書き込むと、作用が感じられるだろう。

存在と自己の整合性。:( )
<- 存在可能性の形式。:( )
能力としての整合性への反応。:( )
-> 予兆的な時空の振る舞い。:( )

生起の意味の獲得と顕現。:( )
<- 非拘束的な実在。:( )
「真」の存在の肯定。:( )
-> 変化探索。:( )

自然としての自己存在の顕現。:( )
<- 世界の更新。その姿。:( )
対象が存在する形式の仮定。:( )
-> 人間の活動の形式の生起。:( )


各項目の相互の関係はガラス玉遊戯の第一図式法と
同じである。
特に効果は各セットの右上に現われる。

※第一図式法

scheme_method.gif

今回の特徴は以下である。

人間は自然を人間に対して超越的な現実と感じる。
人間は自然法則を解明し、生存の可能性を高めてきた。

一方、自己も自然である自覚において、
整合性は変化に先行している。
実在の形式は仮定され、「真」は試みられる。

思考を含めた活動について、
変化に対して形式の先行が生じることに、
人間は反応できる。


七つの力のうち、
この記事には展開の力が用いられた。

七つの力は、
視点、予見、覚醒、先行、生起、展開、流転。


この記事は以下の記事に用いられた図式を元に書かれた。
“自然の生成力と先行的構想力に整合性が現われる
 時空的能力について。”
http://blog.potential-performers.com/article/170092179.html


図式:1808


私のこれまでの記事には、
こうした発展的応用の素材が内在されている。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | あなたの七つの力
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝