あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2015年10月18日

自然の生起と人間の実践性の生起には整合性が存在しえる。その優位。

[概観]

no1798mapping.jpg


[何が導きか?]

自然における生起自体は形式と無形式の両方で把握される。
人間の実践も同様に生起しえることは、
例えば仏教徒によって、すでに長期間実践されている。


[あなたの力のためのマッピング]

「意味」は現象世界の体系的な把握である。
既存の「意味」が通用しなくなった時も、
新たな意味が人間の実践性において生起する。

すなわち、「意味」が存在すること自体は無くならない。

人間が用いる形式がいつも現象世界に先行するとは限らない。
けれども、生起する現象には形式がいつも存在する。

つまり、現象の性質と実践の性質の「整合性」は
「時による制限」を受けずに存在する。
それは、人間の実践性は肯定されて存在することを
「意味」する。

人間が通常用いる「意味」には制限が存在するが、
人間が存在する世界に生起する「意味」の部分である。

部分が常に実在することは、
実践について人間が自らの実在と世界を信頼して良いことを
意味している。

このように、「未定の意味」は実践される。
「整合性」は時の制約を超越して存在している。
それは人間の生きる世界である。


図式:1798

この記事は図式1797と関係している。
“人類の尊厳の経験化である、真実との整合性である相の先行。”
http://blog.potential-performers.com/article/165377325.html


作用はあなた自身にも存在する。


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピング(技芸)

2015年10月17日

生起:早い始まりを刻む時計。

「時の流れのモノサシをずらしてみると、
 変化の大きな鼓動が聞こえた。
 イマジネーションが世界に反応している。
 沈黙している時代に、
 私の時計は早い始まりを刻んでいる。」


関連:存在に関する能力
http://blog.potential-performers.com/article/165616820.html


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・連絡

2015年10月16日

流転:新生の節理を活動に活かす。

既存の方法が時代に追いつかなくなっている。
数万の種子から数百の木々が芽生えるように、
試みることをためらいはしない。
新しい希望を体系的に模索する。
心の声に導かれて。


関連:存在に関する能力
http://blog.potential-performers.com/article/165616820.html


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・連絡

先行:働きかける。パスワードが現われるように。

孤独の痛みが心に突き刺さる。
けれど、魂への呼びかけは現われつつある。
行為する。行為する。
パスワードの組み合わせが明らかになるまで。
沈黙のなかで時が終わるのを待ちはしない。


関連:存在に関する能力
http://blog.potential-performers.com/article/165616820.html


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・連絡

覚醒:生命の躍動への現象界からの兆し。

デバイスに兆し(きざし)が明滅する。
心につきあげてくる衝動に形を与えたい。
生命力を形を与えることで、
未来への扉を開きたい。
ドアは向こう側からノックされている。


関連:存在に関する能力
http://blog.potential-performers.com/article/165616820.html


(C) Copyright 2015 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・連絡
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝