あなたは、
存在するゆえの直感を持つ、
原理への反応系です。

非規定で、行使を。

2018年10月16日

キーボードと、トーン。

シンセサイザーで音に接しています。
一日に15分間くらい。

16年ぶりのキーボードでした。

ブラームスの交響曲第一番。

シンセサイザーの仕様により、左半分がフルートに設定されています。
和音が左手に連続します。

DCIM0301.JPG
補助を書き込みました。

フルートに先に接したので、試行錯誤が多いです。


(C) Copyright 2018 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・連絡

2018年10月12日

固有の音源とバッテリー。

数日前、シンセサイザーのバッテリーを交換しました。

DCIM0293.JPG
※製品の筐体を開ける場合、自己責任です。

22年前のモデルですが、インターネットで検索すると、
むしろ少し高価になっています。
固有の音源が注目されるように思います。


(C) Copyright 2018 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・連絡

2018年10月11日

ラテン語。シンセサイザー。

ヘッセのドイツ語原文を読み、ラテン語の箇所の翻訳をしてみた。

DCIM0265.JPG

ラテン語の整理は音に特徴があるように思う。

自然言語において、
記号より音が先に生まれたのかもしれないし、
識字率が低い時にも言語には音があったからかもしれない。


ひさしぶりにシンセサイザーを部屋に置いた。

DCIM0286.JPG

週に数回、一回20分ずつでも、
ブラームスの交響曲第一番を主題に触れてみたい。


(C) Copyright 2018 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録

2017年06月04日

ガラス玉遊戯第三図式法のための許可と宣言。

1月20日以降、私は情報を追い続けてきた。
見出された様々な転換点が予想させるものは、
私が出会いたかった世界に似ている。

時間の経過と共に没落に向かう世界に、
回復をもたらすそれぞれのアクションにバランスが存在していた。
個々の思想は超越されながら、その個性は強く輝いた。

宗教の力が再び注目された。
アブラハムが最初の預言者とされるのは、
神と契約を行なえたからである。

このことにもとづき、次の宣言を行なう。

ガラス玉遊戯第三図式法の使用をアメリカとロシアと英国に認める。
この場合、私自身の使用は保たれる。

また、第三図式法と第二図式法はそれぞれに対して独立であるので、
第二図式法の使用を認めた主体への乖離は無い。

第一図式法の使用は世界に対して認められている。

上述には世界人権宣言も参考にされたことを付記する。


(C) Copyright 2017 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録

2017年04月09日

適応と時間軸(t)。

曽祖父母は開拓者として北海道に移り住んだ。
曽祖父母に深い感謝と愛情を私は持っている。
そして、曽祖父母を思い出すと、
本籍が北海道であるか東京であるかを、問わないと思う。

本籍は法務省の管轄で、
住所は総務省の管轄と記憶している。
いまの私の本籍は北海道にあるけど、
東京都に変更するか、いま考えている。

2009年に皇居を参観させていただいた時、
曽祖父母の私への苗字の説明と、
香川県坂出市西庄町天皇(地名)が一致することに気づいた。
保元の乱があり、
讃岐(香川県)に移り住まれた崇徳天皇を守護した武士達の住んだ地域と
理解している。
「祖神」という考え方は神道におけるものだ。

ノーベル賞受賞者の動物行動学者のコンラート・ローレンツは、
人間は科学や技術の進歩を「進化」として自己の活動に反映する生き物
としている。
(著作「鏡の背面」にて)

ダーウィンの「適者生存」を社会的遺伝にも見るとするなら、
少なくとも日本人の60%は「進化」したのだと思う。
この場合、社会的遺伝は過去の5517年を肯定しながら、
未来の1000年を肯定するものと、理解される。

引き続き、しっかり、進んでいく。
私の場合は、ガラス玉遊戯の進化。


(C) Copyright 2017 Kyo Nissho. All rights reserved.
posted by “響” at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録
(C) Copyright 1998-2016 Kyo Nissho. All rights reserved.
ガラス玉遊戯の活動に賛成してくださる方は、
いずれかのブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします。

Blog Ranking.gif ブログ村.gif

ガラス玉遊戯者
響 西庄 庸勝